分譲住宅・不動産情報


プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

積水化学グループの知見を結集した住宅型有料老人ホーム
『ガーデンコート朝霞』がオープン

  • 「あさかリードタウン」内で子育て支援施設から高齢者介護施設まで整備
  • 「DXと人の手のぬくもり」を融合させ際立ちの安全サステナブルな介護を実現
  • 「話食動眠」のコンセプトのもと、認知症予防・重症化予防を図る

2020年10月8日
株式会社ヘルシーサービス
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:神𠮷 利幸)のグループ会社である株式会社ヘルシーサービス(代表取締役:髙野健治、本社:千葉市美浜区)は、住宅型有料老人ホーム『ガーデンコート朝霞』(所在地:埼玉県朝霞市)を、11月1日(日)より開設します。

『ガーデンコート朝霞』は、積水化学グループが「SEKISUI Safe&Sound Project」として広域的に開発を行っている複合大規模タウン「あさかリードタウン」の一角に位置します。

「あさかリードタウン」はマンションや戸建て住宅に加え、子育て支援施設から高齢者介護施設まで整備され、幅広い世代の方が安全かつ快適に生活できるハード、ソフトをご提供するサステナブルタウンへと進化しています。『ガーデンコート朝霞』の運営は30年以上の認知症ケアの実績があるヘルシーサービスが担います。また、積水化学工業製の高精度起き上がりセンサーを活用するなど、グループの技術力、知見を結集した安心・安全・快適な暮らしをご提供する住宅型有料老人ホームです。

あさかリードタウン

住宅型有料老人ホーム『ガーデンコート朝霞』概要

東武東上線「朝霞」駅からバスで約10分。近隣に食品スーパーや医療モールを併設するホームセンターがオープン予定で、便利に安心してお暮しいただけます。

所 在 地 埼玉県朝霞市根岸台3-12-22 あさかヴィレッジパティオ棟北棟
敷地面積 4,821.41㎡
建物面積 1,205.16㎡(鉄筋コンクリート造5階建て)
『ガーデンコート朝霞』の動画がご確認いただけます。
居住住戸 31戸1R(18.01㎡~25.41㎡)
運   営 株式会社ヘルシーサービス
賃   料 65,000円~70,400円 管理費:56,100円
食事、有料サービス、介護保険自己負担分、医療費等は別途
居室設備 トイレ、洗面台、クローゼット、エアコン、緊急コール
共用部設備 ラウンジ、食堂、トイレ、浴室、洗面所、エントランス

ガーデンコート朝霞

住宅型有料老人ホーム『ガーデンコート朝霞』の特長

1.「あさかリードタウン」内で、子育て支援施設から高齢者介護施設まで整備

介護・自立支援設備 Wells

『ガーデンコート朝霞』は、「Safe&Sound:安心・安全で、環境にやさしく、サステナブルなまち」として、積水化学グループの製品・サービスなどを幅広く採用している「あさかリードタウン」の一角にあります。『ガーデンコート朝霞』でも、高精度起き上がりセンサーや介護・支援自立設備Wells・樹脂製フロア畳MIGUSA、エスロン給排水管等多数の積水化学グループの製品を採用しています。

また、2020年11月にはホームセンター・食品スーパー・医療モール等を併設するショッピングモールのオープンを予定しており、あさかリードタウンはより進化していきます。その一角に有料老人ホームを開設することで、多世代交流を促し、幅広い年代の方に安全・安心・便利な暮らしをご提供します。

2.「DX と人の手のぬくもり」を融合させ際立ちの安全サステナブルな介護を実現

積水化学製高精度起き上がりセンサー「Ansiel」 「ニオイ CO2デュアルセンサー・コントローラー」

『ガーデンコート朝霞』では、積水化学工業製の高精度起き上がりセンサー「Ansiel」を入居者様の状態に応じて活用し、転倒事故を未然に回避すると共に、スタッフの心身負担の軽減を図ります。また、共用部には、シー・エイチ・シー・システム株式会社(本社:東京都町田市、代表取締役社長:渋谷俊彦)製の「ニオイCO2デュアルセンサー・コントローラー」を設置し適切な換気を行うことで、冬期の過乾燥を防ぎ疾病を予防します。脱衣室には、凸版印刷株式会社(本店:東京都台東区、代表取締役社長:麿秀晴)が開発した床埋め込み型の体重計「ステルスヘルスメーター®」を設置、測定時の転倒を防ぎ安全に入居者の健康管理を実施します。さらに、新たなコミュニケーション手段としてオンライン面会も実施、いつでも家族とつながることができます。

また、ケアの専門技術を持つスタッフが24時間365日常駐し生活全般をサポートします。ケアプラン上の介護保険サービスだけでは補えない不安な点や時間においても、「標準サービス(管理費に包括)」によって専門スタッフが切れ目のない安心な日常をご提供します。

このように、最新のテクノロジーと人の温かい手による介護の融合で、より安全にサステナブルな介護を実現します。

※当施設で使用している「ステルスヘルスメーター®」には、スマートフォンとペアリングしたデータ閲覧機能は搭載しておりません。

ステルスヘルスメーター®ニュースリリース〈https://www.toppan.co.jp/news/2018/12/newsrelease181212_2_.html

3.「話食動眠」のコンセプトのもと、認知症予防・重症化予防

『ガーデンコート朝霞』には、「話食動眠」の考え方に基づく設計を施し、運営を実践することで、入居者様の認知症予防・重症化の予防を図ります。

会話や交流は、生活のハリや喜びになり、健康の維持に繋がります。中規模の集合住宅でコミュニティを形成しやすく、交流を促す共有スペースを設けています。
食事は、『ガーデンコート朝霞』内で調理したものを朝・昼・夕と毎日3食、栄養バランスの取れた豊富な献立をご提供します。刻み食や制限食にも対応しています。(別料金)
毎日のアクティビティでは、できる限り身体を動かしていただけるように工夫しています。また、日頃の様子は『ガーデンコート朝霞』のブログで確認できるため、離れて住むご家族も様子を知ることができ安心です。
睡眠は、身体を休めるためだけでなく、脳や身体に溜まった老廃物を排出する準備の重要な時間です。日中は出来るだけ活動的に過ごし、夜間に良質な睡眠をとれるよう生活リズムをサポートします。
「ガーデンコート朝霞」外観

<㈱ヘルシーサービス会社概要>

設 立 1985年10月
資 本 金 1,000万円(積水化学工業㈱ 100%出資)
代 表 者 代表取締役 髙野健治
売 上 高 25億9,024万円(2020年3月期決算)
従業員数 630名(2020年3月31日)
事業内容 介護保険法に定める介護サービス事業等
本社所在地 〒261-8501 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンD棟 14階

『話食動眠』の考え方

『話食動眠』の考え方

積水化学工業は、1994年に「加齢配慮住宅研究所」を設立。いち早く高齢化社会における住宅問題の研究や、それに基づく解決策を盛り込んだ商品企画を手掛けてきました。近年では、東北大学加齢医学研究所の瀧 靖之教授が提唱する「生涯健康脳」に着目。脳の活性化や機能維持のための重要な4つの項目、睡眠、運動、コミュニケーション、食事(調理)から健康な生活をより長期化させるという考え方を「生涯健康脳住宅」として具体化するための研究を進めることとし、2016年8月、グループの調査研究機関「住環境研究所」(所長:古谷知彦、千代田区神田須田町)の内部組織として「生涯健康脳住宅研究所」を立ち上げました。同研究所では、瀧教授が提唱する4項目、コミュニケーション(会)、事(調理)、運、睡、それぞれの単語から1文字ずつを抜粋して、新たに「話食動眠」というコンセプトスローガンを作成し、健康な脳のためには、4つの配慮が住まいにおいていかに重要であるかの研究・情報発信を進めています。その研究成果を新築住宅、リフォーム、有料老人ホームなどに取り入れ住まいから認知症を予防する展開をしていきます。

※「話食動眠」、「生涯健康脳住宅」、「生涯健康脳住宅研究所」は㈱住環境研究所の登録商標です。

「あさかリードタウン」について

「あさかリードタウン」は、積水化学グループならではの広域的、かつ複合的なまちづくり「SEKISUI Safe&Sound Project」の第一弾として、2018年5月に発表しました。武蔵野の面影を残す自然環境と都心へのアクセスもよい朝霞の地で、埼玉県朝霞市のご協力のもと積水化学グループの製品・サービス等を102品目採用し(予定を含む)、コンセプトに掲げる「Safe&Sound:安心・安全で、環境にやさしく、サステナブルなまち」の実現を図ります。

地上には緑あふれる美しい街並みと利便性を兼ね備え、地下には積水化学グループの総合力を結集させ災害にも強いインフラを整備しています。2020年4月には朝霞市指定小規模保育・保育園「元気キッズあさかリードタウン園」が開園しました。幅広い世代の方が安全かつ快適に生活できるハード、ソフトを提供し、サステナブルタウンの構築を目指します。

朝霞市の住宅地では初めて「無電柱化」にすることで、景観への配慮だけではなく、地震等による電柱倒壊のトラブルを防ぎ安心・安全の確保を図ります。

また、「あさかリードタウン」は、まちの魅力の維持・向上を目指し 2019年1月に設立した、セキスイタウンマネジメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山地晋二朗)が手掛けるタウンマネジメント第一弾でもあります。株式会社 Secual(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:菊池正和)と協働で開発した住民専用スマートフォンアプリ「NiSUMU」やスマート街灯等により、まちの魅力を維持・向上させるタウンマネジメントを目指します。


動画 『ガーデンコート朝霞』の動画がご確認いただけます。 HP 『ガーデンコート朝霞』の詳細がご確認いただけます。

このページの先頭へ