• 住宅・住まいWeb
  • 日本住宅ローン株式会社
  • 優良ストック住宅「スムストック」
  • 住宅産業協議会
  • 環境共生住宅推進協議会
  • プレハブ建築協会

MENU

地球と住む人への
“やさしい”を追求
この「安心感」が
新しいスタンダード

SMARTRESILIENCE

関連コンテンツのご紹介CLOSE

温熱・空気環境

1空気質

出典:厚生労働省「アレルギー疾患対策の方向性等」(2011)

あったか×さわやか×きれい 
通年型空気調整システム

「快適エアリー T-SAS」の
ご紹介

快適エアリー T-SAS
  • T-SAS:空調・換気・浄化の3つの機能の相乗効果を表すTriple Synergy Air System(トリプル・シナジー・エア・システム)の略です。

第一種換気システム

汚れた空気を
「最初から入れない」のが
クリーン空気のポイント

家の中は常にきれいな空気

そもそも汚れた外気が入りにくい高気密なハイムの家。
ここに高性能換気システムを加えることで、換気のために必ずしも窓を開ける必要がないので、室内の汚れた空気を排出し、外気は浄化した上で取り込むという理想的な換気ができます。

室内のクリーンな空気を確認。

高気密と高性能3層フィルターにより、クリーンな空気環境を実現。

  • 浮遊粉塵は東京都国立市における実邸測定値

高性能3層フィルター

花粉や黄砂、
PM2.5を除去※2して
健康的な空気を取り込む

空気浄化力と耐久力を
兼ね備えた新・高性能3層
フィルターシステム搭載。

室内に取り入れる空気は、3層のフィルターで浄化 。
花粉、粉塵、NO2等を大幅に除去し、さらに長寿命でフィルター交換の手間を省けます。

高耐久で有害物質をしっかりキャッチする
高性能フィルター※1
PM2.5他、有害物質に対しての
フィルター性能
  1. ※1フィルターのメンテナンスは2,3ヶ月に1度、プレフィルターに掃除機をかける程度です。HEPAフィルター、NO2フィルターは性能を確保するために5年に1度(目安)の交換が必要(有償)です。
  2. ※2花粉粒径は10㎛以上を想定、大気塵0.3~0.5㎛の補集率測定結果(東レ㈱調べ)。数値はお引き渡し時のフィルター初期性能を示しています。PM2.5は粒子径2.5㎛以下、PM0.5は粒子径0.5㎛以下の大気中浮遊微粒子を指しますので、PM2.5及びPM0.5すべてに有効というわけではありません。また、お客様の使用する環境等の条件によっては下回る場合があります。●家の隙間、衣服への付着、窓・玄関の開閉によって室内へ侵入する葉分・微粒子等は対象となりません。また、花粉症・呼吸器疾患などの治療や改善を目的とするものではありません。
  3. ※3試験室内での除去率測定結果。(東レ㈱調べ)

抗ウイルス対応フィルター

日常生活の不安を軽減

抗ウイルス剤を使用した
空調フィルターを採用

室内に設けた空調システム用の吸込口に設置する空調フィルターには、新開発の「抗ウイルス対応フィルター」を採用。このフィルターは、当社グループ会社である積水マテリアルソリューション株式会社の抗ウイルス加工剤「ウィルテイカー」を使用しており、積水化学グループの技術力を融合させた空調フィルターです。

抗ウイルスフィルター
抗ウイルス加工剤
ウィルテイカー
  • フィルターに付着したウイルスに対する抑制機能についてJIS規格(JIS L 1922:2016(ISO18184))に基づき実証しています。
    ただし、すべてのウイルスに効果があるわけではありません。疾病の治療や改善、予防を目的とするものでもありません。
    また、フィルターを通過する空気に対する抗ウイルス機能については確認していません。

熱交換(回収)型換気方式

冷暖房した室内の空気、
タダでは外に出しません

熱交換換気扇で熱のロスを抑えます

健康的な空気質のためには換気が欠かせませんが、一般的には、冷暖房した空気も外気と入れ換えるため、省エネ性と快適性を損ないます。快適エアリーの「熱交換換気扇」は、この熱のロスを大幅に抑えつつ、クリーンな換気を実現します。

  1. 熱交換効率はプランや運転条件等により異なります。

シックハウス対策

使用建材から発生する
有害物質対策も、
品確法最高等級レベル

シックハウスの原因となる
有害物質を排除

建材のホルムアルデヒド放出量は、JIS(日本工業規格)とJAS(日本農林規格)で規定されています。セキスイハイムが使用している内装材は全て※2ホルムアルデヒド放散量が最も少ないF☆☆☆☆材。品確法※1で、最高等級にあたる仕様です。

安全を確かめてからのご入居

接着剤に含まれるシンナー系の物質のように、有害物質(VOC=Volatile Organic Compound)でありながら、公的な放出量の規定がなく、放出量の小さい部材は、選定困難とされています。
しかしセキスイハイムでは、各建材について、独自に放出量を確認。建材はもちろん、接着材や化粧シートのVOC放出量も把握。
水性印刷や無溶解系塗装といった、放出量がゼロまたは非常に少ない仕様のみを限定採用しています。使用する養生テープや接着剤などは独自の基準で選定。材料を持ち込んで使用しています。

  1. ※1住宅の品質保証の促進等に関する法律
  2. ※2建築基準法におけるホルムアルデヒド放散建築材料が対象