加齢配慮であんしん

シックハウスの原因となる有害物質を排除します

シックハウスの原因であるホルムアルデヒドをはじめ、有害物質は、目や頭が痛くなる、吐き気、喘息、アレルギー性鼻炎などの症状が表れるなど、人体に不快な影響をもたらします。とくに子どもや高齢者、長く家にいる主婦などに症状が見られやすいといわれます。 セキスイハイムでは、フローリング、クロス、クロス接着剤をはじめ、収納などの内部部材、建具造作材や下地材にいたるまで、「品確法」でも最高等級にあたる部材を採用。可能な限り、有害物質の低減化に努めています。

建材のホルムアルデヒド放出量は、JIS(日本工業規格)とJAS(日本農林規格)で規定されています。セキスイハイムでは、室内濃度に影響するすべての建材は、最も放出の小さい区分(F☆☆☆☆)を採用しています。また品確法の「空気環境」では、標準仕様で等級3の最高ランクとなっています。

セキスイハイムが使用している部材は、最高等級F☆☆☆☆

種類 放出量(デシケーター法)
F☆☆☆☆ 0.3 mg/l 以下
F☆☆☆ 0.5 mg/l 以下
F☆☆ 1.5 mg/l 以下
F☆ 5.0 mg/l 以下

 

工場生産ならではの徹底管理を行っています

セキスイハイムでは、各建材について、独自に放出量を確認。仕様を評価しています。建材はもちろん、接着材や化粧シートの有害物質放出量も把握。放出量が少ない仕様のみを限定採用しています。使用する養生テープや接着剤などは独自の基準で選定し、使用しています。施工中も断続的に換気を行うほか、お引渡しまで24時間換気システムを作動させます。また、セキスイハイムは独自のガイドラインを設けた「邸別性能提示システム」を採用。安心してお住まいいただけるように、ホルムアルデヒドなど、人体に影響をおよぼす有害物質の濃度を測定。その結果をご報告しています。