気密・断熱性能

優れた気密・断熱性が
暮らしにたくさんのメリットを生み出します

  • 139m²のプラン、地域:東京 2013年10月時点のエネルギー料金体系(燃料調整費を含む)、エアコンによる24時間冷暖房の前提で算出。
    実際の光熱費は、お客様の邸ごとの敷地条件・プラン・設備仕様・生活スタイルなどによって異なる場合があります。

高気密・高断熱で、
エネルギーを逃がさない

POINT

  • 工場生産で実現できる優れた気密性・断熱性
  • 高断熱のアルミ樹脂複合サッシを採用
  • 基礎断熱を標準仕様

工場生産で実現できる
優れた気密性・断熱性

「保温力」の高さで、
冷暖房した心地よい空気を
逃がさない

省エネ標準以上の高断熱性能

ハイムは、一般的な高気密、高断熱住宅※1と比較して約30%の高性能値を実現。だから冷暖房で快適な温度を逃がさず、ずっと快適な温熱環境を保ちます。

工場生産による精密な施工

ユニットごとに施工できる工場は、現場と違いムリな姿勢で作業することがありません。そのため、断熱材もズレることなく、隅々まで取り付けることが可能です。施工後も厳しいチェックを行うため、確かな断熱性を発揮することができます。

  1. ※1性能値の指標としてUA値:省エネ法H25基準の数値、C値:次世代省エネルギー基準・平成11〜20年告示を用いています。
  2. ※2弊社モデルプランにおける計算値。個別の住宅ごとの性能値は屋根形状、採用する開口の仕様・面積、床面積等の条件により異なります。
  3. ※3当社実験住宅での測定値。邸ごとに機密測定値による公的測定法に基づいた測定を実施。プラン、床面積、設備仕様により、C値が2.0以下にならない場合があります。
  4. ※45〜7地域の場合での比較
  5. ※5一般的な断熱材「グラスウール(10K)」と、ハイムの断熱材「細繊維グラスウール(13K)」との比較

高断熱のアルミ樹脂複合サッシを採用

「開放感ある大きな窓」と
快適さを両立できる

室内から逃げる熱の約50%が、開口部からといわれています。
ハイムでは室内側のサッシ枠に熱伝導率の低い樹脂を使用し、日射・紫外線の反射率に優れたハイカットペアガラスを組み合せ、高い断熱性能を発揮するアルミ樹脂複合サッシを採用。

アルミ樹脂複合サッシは、一般的なシングルアルミサッシの約2.8倍という高い断熱性能を誇ります。

  • アルミ樹脂複合サッシ(U=2.33W/m²k)と一般的なアルミサッシ(U=6.51W/m²k)との比較。開口の種類により一部複層ガラスアルミサッシの仕様となる場合もあります。

出典:「住宅の省エネルギー基準の解説」第3版(財)建築環境省エネルギー機構

基礎断熱を標準仕様

床下に侵入し、
足元を
冷やす冬の冷気をブロック

通常の床断熱は、外気温が基礎を通じて床下に伝わります。
ハイムは標準で基礎断熱を採用。外気を遮断し、安定した床下温度を効果的に室内に取り込むことができます。