耐震性能 全プラン標準仕様でトップランクの性能をご提供します。

1強固な独自構造体

工場の精密な溶接でつなぎ、シェルターのように頑丈なボックスラーメン構造

  • 太くて頑強な柱と梁

    構造体の基本となる柱には、揺れに強い角型鋼管を採用。天井と床の鉄骨は、たわみが生じにくいよう、形状に工夫をしています。

  • 工場内の大型溶接機械で
    柱と梁を強固に一体化

    構造体の強さの基本は、柱と梁を正確かつ強力に接合すること。ハイムは機械による精度の高い溶接と品質管理にこだわっています。

  • ひとつのユニットだけでも
    巨大地震に耐える強さ

    柱と梁をボックス型に一体化したユニット。
    単体でも、シェルターのように巨大地震に耐える強さを発揮します。

鉄骨を強固に結合することで、より強い「大黒柱」ができます。

ユニット同士を接合して、
構造体はより強固に

1本で1.5tもの力に耐えるボルトで上下左右にユニットを連結し、構造を一体化。地震のエネルギーを分散する耐震構造です。

  • 摩擦接合によるすべり耐力

振動に強く、断裂のないハイテンションボルトで強力結合※

  • 一部商品では使用が異なります。

このページの先頭へ

2家そのものが耐震装置

耐震等級(倒壊防止) 等級3 建築基準法の1.5倍 /耐震等級(損傷防止) 等級3 建築基準法の1.5倍

国のつくった性能の基準「品確法」※1
標準仕様のままでも、トップランク。

住宅の性能を共通の基準で審査する「品確法(住宅性能表示制度)」。ハイムは標準仕様で最高等級の耐震性能をクリアすることが可能です。※2

  • ※1 住宅の品質確保の促進等に関する法律
  • ※2 一部の特殊プランにおいては例外となることがあります。

硬い外壁が揺れを抑える

中小程度の地震に対しては、一般的な耐力壁の2倍以上という高い強度を誇る「高性能外壁」が建物の揺れを軽減。

  • 9㎝角の木材の筋外いを使用した耐力壁(壁倍率3.0)との比較

一般的な住宅/セキスイハイム

ボックスラーメン構造で地震に備える

巨大地震に対しては、ボックスラーメン構造のユニットが真価を発揮。地震の衝撃を、構造体全体で吸収することで建物の倒壊を防ぐ設計としています。

  • その際、外壁は地震波形や揺れの大きさにより接合部の浮き、外れなどが発生する場合がありますが、一般的な工法に比べ補修が容易であり、必要な耐震性能を回復させやすい仕組みとしています。

布基礎/ベタ基礎

ベタ基礎が家をしっかり支える

建物を「線」で支える一般的な布基礎は、建物の重さが一部に集中してしまいます。
建物を「面」で支えるベタ基礎なら、重量や地震の衝撃が分散されるため建物をしっかり支えることができます。

このページの先頭へ

3お約束通りの耐震性能をお届け

設計上のものだけではありません

家を工場でつくるハイムは、誤差やミスの少ない正確な建築と厳しい品質管理によってお客さま
のプランでその性能を実現。

2階建て実験での最大加振による測定値 2,112gal ※ ※阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)観測波(JMA KOBE)の約2倍の地震波1階床面での測定値

2階建て実験/
実験場所:(株)大林組技術研究所
実験日時:2003年10月10日~23日
使用商品:パルフェタイル外壁
構造等級3-3-2仕様(ガイアス導入以前のため、仕様は現在と異なる部分はあります)
実験場所:鹿島建設(株)技術研究所
実験日時:2011年12月15日~2012年1月11日
使用商品:bj タイル外壁
構造級3-3-2仕様

3階建て実験での最大加振による測定値 1,862gal ※ (東海地震予測波・業界最大規模)※1階床面での計測値

3階建て実験/
実験場所:独立行政法人土木研究所
実験日時:2005年4月9日~5月1日
使用商品:デシオタイル外壁
構造級3-3-2仕様(ガイアス導入以前のため、仕様は現在と異なる部分があります)

阪神・淡路大震災直後

  • 西宮市A様宅
  • 神戸市H様宅

全半壊はゼロでした

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震、東日本大震災など、過去の大震災でセキスイハイムの強さが証明されています。

  • セキスイハイムは過去の大地震(1995年阪神・淡路大震災、2004年新潟県中越地震、2011年東日本大震災等)において地盤・津波以外での地震そのものによる倒壊はありません。(2011年8月現在 当社調べ)なお、倒壊なし、とは構造体ユニットのボックス形状が保たれていることを基準としています。

このページの先頭へ