耐風・耐水・耐火性能 万一の火災や日々の風雨から住まいを守ります。

1外も中も、火を防ぐ壁

840℃の炎にさらされても、室内側の表面は約80℃

防火試験炉での防火試験において、外側表面を840℃に加熱しても、室内側の表面温度は80℃を超えることはありませんでした。
軒を接した隣家の火災のように、直接外壁が火災に包まれても類焼のリスクを軽減することができます。

  • ISO834の加熱曲線にそった防火実験
  • タイル外壁も同等以上になります

火の手をくい止め、隣室への類焼を抑える

天井や壁を、不燃材の石膏ボードや防湿石膏ボードで被覆。15分間は他の部屋への類焼を防ぎます。

このページの先頭へ

2水も汚れもはじく外壁材

屋根、外壁、結合部などからの浸水ゼロを実験により実証

過去の台風観測から、実際には考えにくい状況を人工的に再現して確認しています。

  • 風速35m/秒、水平面降雨量60mm/hのとき

酸性雨にも安心磁器タイル外壁

吸水性が極めて低く、酸やアルカリにも強い性質です。

このページの先頭へ