台風に強いあんしん火災に強いあんしん

ハイブリッド耐震「GAIASS」が建物の揺れを軽減

「GAIASS」は、ボックスラーメン構造の「粘り抵抗型」耐震と、高性能外壁の「強度抵抗型」耐震を組み合わせ、 "しなやかさ"と"堅さ"で、中小地震にも巨大地震にも強い、最高等級の安心を実現。躯体そのもので優れた耐震性能を発揮するため、補強の装置などを追加する必要もなく、コスト面でも負担をかけません。

大地震には、粘り抵抗型の「ボックスラーメン構造」が威力を発揮

ラーメン構造とは柱と梁を剛接合させた構造で、耐力壁や筋交いに頼らず荷重に耐えることができます。セキスイハイムでは、強靭な鉄鋼を高強度・高精度な溶接でボックス型に一体化。単体でも、数百年に一度の地震に耐えうるユニットをつくりあげています。

高度な溶接技術により、1打点4tの強度で柱と梁を剛接合

柱と梁を溶接により一体化することで、高層ビルと同じ筋交いに頼らないラーメン構造が生まれます。一般的な鉄骨軸組住宅などの人力によるボルト締めとは異なり、大型溶接機により一体化してしまうため、接合部の構造強度が安定します。さらに、この接合部分の強度・精度をチェック・管理することで常に高強度な組み立てを実現しています。

ユニット同士が結合して、さらに強靭な構造体を構成

鉄骨の柱や梁の強さを決めるのは厚さではなく断面の大きさです。ユニット接合部では100〜120mm角の鉄骨が数本集まって大断面となり、住まいの随所で強靱な柱を形成します。

 

面全体で支えるベタ基礎を標準採用

セキスイハイムでは、阪神・淡路大震災のあと注目されはじめたベタ基礎を標準で採用しています。ベタ基礎には、1cm2あたりで約240kgの重みに耐えられる、24N/mm2の圧縮強度を持つコンクリートを使用。家の荷重を面で支える構造なの で、不同沈下の心配も少なく、また基礎の弱点とも言われている通気孔を設けないため基礎の強度が最大限に高まり、さら に白蟻・湿気の侵入も防げます。防蟻用に土壌に薬品を散布になくてもよいので、環境面でも安心です。

アンカーボルトで基礎と堅結。外力を地盤へと逃がします

構造体をM16mmのアンカーボルトで基礎にしっかりと堅結。鉄骨が受けた外力は最終的にボルトから基礎へと伝達されるため、地盤へスムーズにエネルギーを逃がし住まいを守ります。

 

業界最大級の耐震実験をクリア

セキスイハイムは、外壁仕様・開口サイズなど、実生活を想定してつくった建物で、実験場の限界出力1,800ガル(阪神・淡路大震災の2倍以上)を超える衝撃を加え、強さを確認しています。

 

 

周りが停電している中でも
太陽光発電から電気を供給

セキスイハイムの太陽光発電システムは停電時にも活躍します。冷蔵庫や炊飯器が使えたり、携帯電話の充電ができます。晴天時での太陽光発電システム1KW当たりの発電量は600W〜800W程度(天候条件・時間によって変わります)です。
使用できる自立(非常用)コンセント容量の最大は約1,500W。

万一の断水時には、エコキュートが
非常用タンクに

エコキュート(電気温水器)のタンクの水は、万一、水道が止まった時に生活用水として使用できます。

 

ゆれなび