トータル防犯発想で住まいを守ります

侵入させない、狙わせない住まいのために防犯対策をプランニングしているセキスイハイム。災害に耐える構造や、快適に暮らせる耐久性などと同じレベルで犯罪から家族を守る防犯性にも力を注ぎ、住まいの防犯に備えて、S&Sパッケージをご用意しました。 また、単に防犯システムを装備するだけでなく、CPTED※を基本に、外構計画やプランニング、外観としての美しさにも配慮し、さらに最適なコストパフォーマンスまで考慮してバランスのよい防犯住宅を実現しています。
※CPTEDはCrime Prevention Through Environmental Design(環境設計による犯罪の防止)

充実の防犯設備をご用意しています

セキスイハイムでは主な侵入経路となる窓やドアを中心に、官民合同会議試験に合格した製品に表示される「侵入に5分以上を要する防犯性能の高い建築部品」CP認定製品などを採用しています。
※警察庁・国土交通省・経済産業省および、民間団体で構成される「防犯性の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議によって定められた「建物部品の防犯性能の試験に関する規則」に則り実施された試験に合格。その結果「防犯性能の高い建物部品目録」に含まれるとして、認定されたものを採用しています。

窓・開口部

1ドア、1窓につき2つ以上の鍵を設置することが狙われにくいポイントです。人目につきにくい場所の窓は格子窓などにすることで防犯性が高まります。

ドア・玄関まわり

外からの見通しがよい場所に玄関ドアがあることが防犯性を高めます。また、鍵に工夫をこらすことで、安全性が高まります。

ドアホンには、テレビドアホンを設置することで不審者の侵入を未然に防ぐことができるほか、セキュリティシステムなどと契約すれば万一のときも迅速に対応してもらえ安心です。