ブィ トゥ ハイム

ブィ トゥ ハイム

住まいと、クルマと、太陽と。新しい住まいのカタチ。はじまる。

家とクルマの新しい関係 家とクルマがつながる生活 ひと昔前までは、家の屋根は雨露をしのぐため、クルマは移動のためだけのものでした。ところが、今ではどちらも進化をとげ、屋根はソーラーを載せた大きな発電装置、クルマは電気をためる蓄電池に。そのおかげで“Vehicle to Home(VtoH住宅)”という新しい住宅が生まれたのです。

Refrigerator
IH Cooking Heater
Microwave Oven
Electric Vehicle
創エネ 屋根いっぱいに敷き詰めた世界No.1の「大容量ソーラー」
省エネ コンサルティング型HEMS 「スマートハイム・ナビ」
畜エネ 大容量ソーラーと電気自動車を賢くつなぐ「EV用パワーコンディショナ」

創エネ・省エネ・蓄エネの進化系、新「VtoHeimシステム」家庭用として初めて、ソーラー発電、商用電力、そして電気自動車の3つの電源を連携させた新しいスマートハウスが誕生しました。

家とクルマの新しい関係VtoHaimについて

これまでの電気自動車連携(VtoH)システムにはない、大きな安心と利便性をプラス
VtoHとは>
電気自動車(EV)のバッテリーにためたエネルギーを、家庭用電力として利用てきるシステムのこと。「Vehicle to Home」の略。「V2H」と表記されることもあります。

人にも、地球にも、未来にも。もっと優しい住まいを目指して。

セキスイハイムはクリーンエネルギーで快適に暮らせる家を実現するため、ソーラー住宅建設の実績を重ねてきました。
VtoHeim。それは、電気自動車とソーラー住宅を自由につなぐ、「エネルギーの自給自足」に向けた新しい住まいのかたち。VtoHeimのエッセンスをまとめた動画をご覧いただけます。
家とクルマの新しい関係VtoHeimの特徴

2つのVtoHeim VtoHeimシリーズでは木のぬくもり・温かさを感じられる〈木造〉スタイリッシュさと先進性を持った〈鉄骨〉ライフスタイルに合わせた2つのデザインを選択できます。

暮らしのメリット <環境メリット>自宅で創ったエネルギーで走り出そう。 ソーラーで発電したら、家電だけじゃなくクルマともシェア。環境も心もよろこぶ低CO2の暮らしへ。

地球環境にやさしい> SAMPLE PLAN 01>
屋根で創った電力でドライブ
Earth Friendly

普段通りの暮らしでも地球環境にやさしい 自宅で創ったソーラー電力を電気自動車にためておき、夜間にフル活用。昼間の走行が少なければ、電力を買うのは夜のわずかな時間だけ。電力の自給自足に近づきます。

送迎や買い物に電気自動車を少し使う程度なら、ソーラーで創ったクリーンエネルギーでほぼ一日の生活を賄うことも。
給油の手間いらず!送り迎えや買い物もソーラー電力で。ガソリンスタンドに寄る煩わしさもありません。
ムリせずエコライフ実現!電気自動車にためたソーラー電気を夜に使うことで、1日中クリーンエネルギーでの生活に。
電気自動車で長時間お出かけしたあとも、電力が残っていれば家庭内で利用可能。
環境にやさしいドライブ!排気ガスの出ない電気自動車なら環境への負荷を大幅低減。
帰宅後は簡単プラグイン!家と電気自動車をつなぐのは、プラグを差し込むだけでOK。誰でも簡単にできます。
暮らしのメリット<環境メリット>   1/3

SAMPLE PLAN 1

ソーラー電力をしっかりためて、環境配慮優先のライフスタイル。
昼間に家族が家にいることの多い二世帯住宅。朝・夕の送迎やちょっとした買い物に電気自動車を利用する程度なら、昼間のソーラー電力で充電も可能。蓄電量が多いので、二世帯分の電力も十分賄えます。
暮らしのメリット<環境メリット>   2/3

ソーラー/電気自動車(EV)活用スケジュール例

暮らしのメリット<環境メリット>   3/3

暮らしのメリット<環境メリット>

エネルギー自給率最大75% エネルギー自給率とは、住宅内で使用する電力のうち、電力会社から購入せずソーラー発電などの自家発電で賄う割合のこと。VtoHeimは電気自動車の大容量バッテリーを活用し、年間に使うエネルギーの約75%をソーラー電力で賄うことが可能です。

暮らしのメリット <経済メリット>昼は屋根が、夜はクルマがしっかりはたらく。 自然エネルギーと深夜電力を活用して、光熱費もクルマの燃料費もまとめてお得に。

1日中お得な暮らしへ> SAMPLE PLAN 02>
Good Value
昼間はソーラーでたっぷり発電し、家庭内で使用
余った電気をしっかり売電
割安な深夜電力で電気自動車を充電
夜や早朝に、ためた電力を使用

「VtoHeimシステム」なら昼も夜も1日中お得な暮らしへ※エコノミーモード利用の場合

暮らしのメリット<経済メリット>   1/3

SAMPLE PLAN 2

10kW超大容量ソーラー搭載。たっぷり発電して家計優先の暮らし。
家族も電気自動車も不在になる昼間は、大容量ソーラーで創った電気をたっぷり売電。夜間の割安な電力で電気自動車を充電するので、昼も夜もしっかり家計にお得な暮らしを送れます。
暮らしのメリット<経済メリット>   2/3

ソーラー/電気自動車(EV)活用スケジュール例

暮らしのメリット<経済メリット>   3/3

暮らしのメリット<経済メリット>

1年間でトータル約61万円もの節約に!
光熱費約62万円削減!経済性を優先するなら、昼間に大容量ソーラーを使って売電し、電気自動車は割安な深夜電力で充電。売電収入を得られるので、年間の光熱費が大幅にプラスになります。
1年間でトータル約61万円もの節約に!  1/2
1年間でトータル約61万円もの節約に!  2/2

暮らしのメリット <安心メリット>数日間に渡る停電でも、ずっと安心 停電時でもソーラー電力を電気自動車にためられる安心システム。万が一の場合にも、家族の健康と快適を支えます。

停電時も電力を確保>
余った電力を電気自動車に蓄電 停電中でもしっかり発電
Always Safe

停電が2日以上続いても電力を確保 一般的なソーラーシステムは、停電すると非常用コンセントのみへの給電となるため電気自動車に電気をためられません。VtoHeimならEV用パワーコンディショナが停電時でも運転を続けるので、ソーラーで発電した電気をクルマにためて何日も電力を確保できます。*1

一般的な電気自動車連携住宅の場合
グランツーユー VtoHeimの場合
東日本大震災では、停電した住宅のうち約2割が4日以上電気のない生活に。
暮らしのメリット<安心メリット>   1/1

暮らしのメリット<安心メリット>

VtoHeim Q&A

VtoHeim Q&A  1/2
VtoHeimシステムには、どんな機器が必要ですか?
屋外にEVパワーコンディショナ本体、屋内に操作リモコンを設置します。また、「太陽光発電システム」と「スマートハイム・ナビ」(HEMS)と連携させます。
利用可能な車種は?
日産自動車「LEAF」に対応しています※。(2014年4月現在)※「LEAF」は日産自動車株式会社の登録商標です。※車種・年代によってはソフトウェアの書き換えが必要な場合があります。お近くの自動車販売店にお問い合わせください。
電力会社と特別な契約が必要ですか?
VtoHeimシステムの利用にあたっての特別な契約は必要ありません。ただし接続する車種・車体を限定するための届出が必要になる場合があります。また、電力契約容量は10kVA以下にしていただくなど、電力契約容量が制限される場合があります。電力会社によって対応が異なりますので、詳細は営業担当までお問い合わせください。
EVパワーコンディショナの設置条件はありますか?
電気自動車に充電ケーブル(7m)が届く位置で、約1,865mm×1,350mmのスペースが必要になります。温度環境については、年間気温が-10℃~+40℃の範囲の地域となります※。また、直射日光のあたる場所は極力避けてください。積雪地域、寒冷地、海岸からの距離が近く、塩害が想定される地域では設置ができません。詳細は営業担当にお問い合わせください。
VtoHeim Q&A  1/2
VtoHeim Q&A  2/2
ソーラー電力、電気自動車、電力会社。3つの電源をどう使い分けるのですか?
目的別に、3つのモードをご用意しています。
メンテナンスは必要ですか?保証期間は?
EVパワーコンディショナの保証期間は10年間です。その間に、本体内部のバックアップ用電池を交換しますが、無償で対応いたします。(10年経過後は有償にてメンテナンスいたします。)
VtoHeim Q&A  2/2

>

暮らしのメリット <環境メリット>自宅で創ったエネルギーで走り出そう。 ソーラーで発電したら、家電だけじゃなくクルマともシェア。環境も心もよろこぶ低CO2の暮らしへ。

地球環境にやさしい> SAMPLE PLAN 01>
屋根で創った電力でドライブ
Earth Friendly

普段通りの暮らしでも地球環境にやさしい 自宅で創ったソーラー電力を電気自動車にためておき、夜間にフル活用。昼間の走行が少なければ、電力を買うのは夜のわずかな時間だけ。電力の自給自足に近づきます。

送迎や買い物に電気自動車を少し使う程度なら、ソーラーで創ったクリーンエネルギーでほぼ一日の生活を賄うことも。
給油の手間いらず!送り迎えや買い物もソーラー電力で。ガソリンスタンドに寄る煩わしさもありません。
ムリせずエコライフ実現!電気自動車にためたソーラー電気を夜に使うことで、1日中クリーンエネルギーでの生活に。
電気自動車で長時間お出かけしたあとも、電力が残っていれば家庭内で利用可能。
環境にやさしいドライブ!排気ガスの出ない電気自動車なら環境への負荷を大幅低減。
帰宅後は簡単プラグイン!家と電気自動車をつなぐのは、プラグを差し込むだけでOK。誰でも簡単にできます。
暮らしのメリット<環境メリット>   1/3

SAMPLE PLAN 1

ソーラー電力をしっかりためて、環境配慮優先のライフスタイル。
昼間に家族が家にいることの多い二世帯住宅。朝・夕の送迎やちょっとした買い物に電気自動車を利用する程度なら、昼間のソーラー電力で充電も可能。蓄電量が多いので、二世帯分の電力も十分賄えます。
暮らしのメリット<環境メリット>   2/3

ソーラー/電気自動車(EV)活用スケジュール例

暮らしのメリット<環境メリット>   3/3

暮らしのメリット<環境メリット>

エネルギー自給率最大75% エネルギー自給率とは、住宅内で使用する電力のうち、電力会社から購入せずソーラー発電などの自家発電で賄う割合のこと。VtoHeimは電気自動車の大容量バッテリーを活用し、年間に使うエネルギーの約75%をソーラー電力で賄うことが可能です。

暮らしのメリット <経済メリット>昼は屋根が、夜はクルマがしっかりはたらく。 自然エネルギーと深夜電力を活用して、光熱費もクルマの燃料費もまとめてお得に。

1日中お得な暮らしへ> SAMPLE PLAN 02>
Good Value
昼間はソーラーでたっぷり発電し、家庭内で使用
余った電気をしっかり売電
割安な深夜電力で電気自動車を充電
夜や早朝に、ためた電力を使用

「VtoHeimシステム」なら昼も夜も1日中お得な暮らしへ※エコノミーモード利用の場合

暮らしのメリット<経済メリット>   1/3

SAMPLE PLAN 2

二世帯住宅でもお得に。大容量ソーラーで家計優先の暮らし。
家族も電気自動車も不在になりがちな昼間は、大容量ソーラーで創った電気をたっぷり売電。夜間の割安な電力で電気自動車を充電するので、昼も夜もしっかり家計にお得な暮らしを送れます。
暮らしのメリット<経済メリット>   2/3

ソーラー/プラグインハイブリッド車(PHEV)活用スケジュール例

暮らしのメリット<経済メリット>   3/3

暮らしのメリット<経済メリット>

1年間でトータル約56万円もの節約に!
光熱費約62万円削減!経済性を優先するなら、昼間に大容量ソーラーを使って売電し、電気自動車は割安な深夜電力で充電。売電収入を得られるので、年間の光熱費が大幅にプラスになります。
1年間でトータル約53万円もの節約に!  1/2
1年間でトータル約53万円もの節約に!  2/2
|「PHEV」の場合では、1年間でトータル約63万円もの節約に!

暮らしのメリット <安心メリット>数日間に渡る停電でも、ずっと安心 停電時でもソーラー電力を電気自動車にためられる安心システム。万が一の場合にも、家族の健康と快適を支えます。

停電時も電力を確保>
余った電力を電気自動車に蓄電 停電中でもしっかり発電
Always Safe

停電が2日以上続いても電力を確保 一般的なソーラーシステムは、停電すると非常用コンセントのみへの給電となるため電気自動車に電気をためられません。VtoHeimならEV用パワーコンディショナが停電時でも運転を続けるので、ソーラーで発電した電気をクルマにためて何日も電力を確保できます。*1

一般的な電気自動車連携住宅の場合
グランツーユー VtoHeimの場合
東日本大震災では、停電した住宅のうち約2割が4日以上電気のない生活に。
暮らしのメリット<安心メリット>   1/1

暮らしのメリット<安心メリット>

VtoHeim Q&A

VtoHeim Q&A  1/2
VtoHeimシステムには、どんな機器が必要ですか?
屋外にEV用パワーコンディショナ本体、屋内に操作リモコンを設置します。また、「太陽光発電システム」と「スマートハイム・ナビ」(HEMS)と連携させます。
利用可能な車種は?
日産自動車「LEAF」に対応しています※。(2015年9月現在)※「LEAF」は日産自動車株式会社の登録商標です。※車種・年代によってはソフトウェアの書き換えが必要な場合があります。お近くの自動車販売店にお問い合わせください。
電力会社と特別な契約が必要ですか?
VtoHeimシステムの利用にあたっての特別な契約は必要ありません。ただし接続する車種・車体を限定するための届出が必要になる場合があります。また、電力契約容量は10kVA以下にしていただくなど、電力契約容量が制限される場合があります。電力会社によって対応が異なりますので、詳細は営業担当までお問い合わせください。
EV用パワーコンディショナの設置条件はありますか?
電気自動車に充電ケーブル(7m)が届く位置で、約1,865mm×1,350mmのスペースが必要になります。温度環境については、年間気温が-10℃~+40℃の範囲の地域となります※。また、直射日光のあたる場所は極力避けてください。積雪地域、寒冷地、海岸からの距離が近く、塩害が想定される地域では設置ができません。詳細は営業担当にお問い合わせください。
VtoHeim Q&A  1/2
VtoHeim Q&A  2/2
ソーラー電力、電気自動車、電力会社。3つの電源をどう使い分けるのですか?
目的別に、3つのモードをご用意しています。
メンテナンスは必要ですか?保証期間は?
EVパワーコンディショナの保証期間は10年間です。その間に、本体内部のバックアップ用電池を交換しますが、無償で対応いたします。(10年経過後は有償にてメンテナンスいたします。)
VtoHeim Q&A  2/2

>

VtoHeimモニター

「VtoHeimモニター」ご検討にあたって

  • ●「VtoHeimモニター」登録には、〈太陽光発電システム〉〈スマートハイム・ナビ〉〈EVパワーコンディショナ〉の3点セットをご採用いただく必要があります。(2015年6月30日までのご契約)
    ●VtoH住宅の普及促進を目的として、「スマートハイムFANサイト」に会員登録のうえ、入居後のVtoHeimシステムの利用状況についてのアンケートや、電力使用状況についてのデータ提供にご協力いただきます。
    ●『VtoHeim』は、北海道、沖縄、本州の一部積雪・寒冷地を除くエリアでの販売となります。
  • ※海岸からの距離が近く塩害が想定される地域など、建設できないエリアがございます。
  • (対応電気自動車について)
  • ※『VtoHeim 』に、電気自動車は含まれません。電気自動車はお客様にてご用意ください。
  • 対応車種は 日産自動車「リーフ」/三菱自動車工業「MiEV」シリーズとなります。(2014年9月現在)
  • 電気自動車から住宅への給電機能の利用は、電力契約時に電力会社にご登録いただいた電気自動車のみに限定されます。EVパワーコンディショナ対応外車種や、対応車種であってもご登録いただいたお車と別のお車を接続することはできません。
  • 既にご購入されている電気自動車(EVパワーコンディショナ対象車種に限る)については、車種・年式によってソフトウェアの書き換えが必要となる場合がございます。
資料請求
VtoHeimモニター   1/1
PageTop