• 子育て
  • インテリアにこだわる
  • 外とのつながり
  • 冬あたたかく夏さわやか

何にでもなる“余白”の空間が創る
広さ、ゆとり、居心地、豊かさ

東京都・O様
家族構成:4人(夫婦、子ども2人)

PLAN

築30年の賃貸の一戸建てから住み替えられたO様が、こだわったのは「できるだけ広く住まう」。まず浴室など水廻りを2階へ配置し、1階を広く使えるように。リビングとダイニングの間には、引戸で仕切れる多目的スペースを設けて、プラスαのゆとりを持たせました。また、1階フロアの対角線上に窓を配し、視線の抜けも確保。さらに「寒暖の差が少なく家中どこでも快適に過ごせることも、広くなったと感じる一因かも」とO様はおっしゃいます。
インテリアは「使ううちに愛着の生まれるもの」がテーマ。ご夫婦共に大好きで以前からお持ちの北欧家具に、新しい家具や照明をプラスしました。お気に入りの家具に囲まれて、広く心地よい暮らしを実現されています。

背の高い家具を置かず、広さを感じるように工夫されたリビング。北欧ブルーの壁が、空間のアクセントになっています。正面の壁には、テレビを挟んで対称に同じ正方形の窓と収納を配置。ちょっとしたデザインの遊びが、空間に豊かさを感じさせます。

続きを読む

昼は太陽の明るい光の下に、夜はペンダントライトのやわらかな灯りの下に、家族が集う。「旧居は寒く、電気カーペットの上に皆が集まっていました。この家はどこも温度差が少なく快適なので、リビングをゆったり使えます」

続きを読む

奥のダイニングとリビングの間にある多目的スペース。普段はこのように開け放しておくことで、リビングにもダイニングにも広がりをもたらします。引戸を閉めると独立した空間になり客間にも。家具を置かないことで、何にでも使える余白のスペースに。

続きを読む

L字型に配置した窓から、光がたっぷり注ぎ込むダイニング。借景した隣家のグリーンがお持ちの北欧家具によく映えます。カーテンは照明のフォルムにイメージを似せた柄を選ぶなど、新しく買ったものもデザインの相性やニュアンスを大切に、楽しんでコーディネートされています。

続きを読む

「玄関だけで帰ってしまうお客様もいるから、印象を大切に」というO様。波の模様が美しい正面壁の向こう側は1畳ほどの収納空間ですが、扉は玄関側ではなく室内側に配置。家の顔である玄関正面の印象を美しく演出するという、お客様への配慮です。

続きを読む

「男の子ふたりなので洗濯物がいっぱい。家事の効率的にも水廻りは2階がよかった」と奥様。脱いだ衣服の洗濯→干す→アイロンがけ→片付けるという家事フローがすべて2階で完結するので、とても便利だそう。洗濯機も扉の中にしまうことで生活感なくスッキリしています。

続きを読む
商品 ハイムbj
延床面積 1F 64.98㎡ 2F 56.71㎡ 合計 121.69㎡

写真をシェアする