Conceptコンセプト

Just My Design

居場所フィールド、広がる。家族、つながる。

生活に本当に必要なものだけを追求した、余計な装飾のないモダンなデザイン。

Exterior Design外観デザイン

機能性がつくりだす、
シンプルな美

直線的なフォルムのルーフや庇がスタイリッシュなシルエットを構築するハイムbj。耐久性をはじめとする機能を追求し、「必然」から生まれたその姿は、光や風を受けて美しさを増します。過剰な装飾のないシンプルさ。飽きることなく、いつまでも愛されるためのデザインです。

デザインバリエーション

街に新しい景観を加える、ハイムbjの外観バリエーション。

Interior Image室内イメージ

みんな好きなことをしていても
いつも気配を感じていられる

夫はリビングで新聞を読み、子どもたちは階段を遊び道具にはしゃぎ、妻はキッチンで朝食の支度。それぞれが別のことをしながら、決してお互いを邪魔に感じることなく、けれど気が向いたらすぐ話しかけられる、程よい距離感。そんな気持ちのよい休日の朝の風景がここにあります。間仕切りの少ないオープン空間を可能とするハイムbjは、縦横、上下の広がりのなかに、それぞれの居場所をつくります。視線を遮るものが少ないから、それぞれが離れた場所にいても、いつも気配を感じられる住まい。家族のコミュニケーションが深まる大空間です。

親しい友人こそ
ダイニングで迎えたい

もてなしの場は、リビングだけではありません。家族に近しい友人は「ダイニングでもてなす」という人が増えています。たとえばダイニングを広くとり、友人や家族みんなで囲める大きなテーブルが中心、という空間づくりはいかがでしょうか。家の中に温度差が少なく、どこでも快適なハイムbjでは、一体感のあるアイランド型キッチンも活かせます。キッチンがすぐそばにあることで、会話も途切れず、お茶を煎れながら、いただいたケーキを切り分けながら、というように、コミュニケーションの波が引くことはないでしょう。

子どもの成長、
夫婦ふたりの未来。
いつも新しい表情をみせる空間

家はそう何度も買い替えることができないのに、家族の暮らし方は度々変わります。たとえば、子ども部屋。小さいうちは夫婦の寝室とつながる空間が良く、ある年齢になってから独立した個室を与える方が良いと言われています。ハイムbjでは可動収納などを活用した自在なプラン変更が可能。成長にあわせて柔軟に子ども部屋も変化させられます。また、吹き抜け空間に床を将来増築する仕様もご用意。夫婦ふたりのとき、赤ちゃんのいるとき、子どもが成長したとき。ハイムbjなら、刻々と変わる家族の未来を想像するのが楽しくなるでしょう。