快適エアリー(暖房) 健康&快適をサポートし、上質な空気環境をご提供します。

1 足もとからじんわり暖かい

部屋全体に暖かい空気が循環

一般的なエアコンでは、暖気は足もとまで届きにくいもの。快適エアリーなら、床下からじんわり伝わる暖かさと、床面の吹き出し口から出てくる暖気、2つの暖かさが部屋全体に広がるため、空間の温度差が少なくなります。

  • 1階の場合。2階は循環方式が異なります。

  • 図は全室空調時のイメージです。

このページの先頭へ

2 廊下や玄関などにも暖かさが届きます

居室・非居室での温度差が少ない

遮るものがないハイムならではの床下空間。そこへ冷暖房・除湿ユニットを設置することで、居室以外の廊下や玄関・脱衣室の寒さも軽減します。

1階全体の温度差は?※1
快適エアリー/一般住宅の場合
  • ※1シミュレーション条件
    • 当社モデルプラン(約140m2、Q値=2.1W/m2K)における温熱環境・消費エネルギーシミュレーション結果

      • 電気代算出は、東京電力電化上手の電気料金単価(2013年10月現在)による
    • 生活スケジュール:建築学会標準生活スケジュールに準拠
    • 暖冷房システムの仕様
      • 1)快適エアリー;1階、2階各室を快適エアリーによる暖冷房
      • 2)床暖房;1階は全フロア床暖房による暖房(冷房は壁掛けエアコンによる)、2階は各室の壁掛けエアコンによる暖冷房
    • 運転スケジュール
      • 暖房運転時室温21℃、冷房運転時室温27℃
      • 1階LDK;6:00~10:00(暖房のみ) 、12:00~14:00、16:00~22:00 ・2階洋室;20:00~23:00・2階主寝室;21:00~23:00
      • 快適エアリーにおいては、厳冬期・盛暑期はおすすめタイマーを使用し、上記時間帯以外はキープ運転(冬期室温17℃、夏季室温29℃)
      • プラン、外気条件、生活条件、運転スケジュール等により電気代は異なります。
  • ※2ヒートポンプとは 空気中の熱(ヒート)を汲み上げて(ポンプ)、室内外を移動させる仕組みのこと。

このページの先頭へ

3 空気中の熱を上手に使う「ヒートポンプ方式」で省エネ

光熱費がおトクに

少ない電力で多くの熱エネルギーを生み出すことができる「ヒートポンプ※2方式」を採用。ヒーター式床暖房に比べて3~4倍のエネルギー効率を誇り、省エネで経済的です。

年間光熱費を比べると※1 110,000円もおトク

  • ※1シミュレーション条件
    • 当社モデルプラン(約140m2、Q値=2.1W/m2K)における温熱環境・消費エネルギーシミュレーション結果

      • 電気代算出は、東京電力電化上手の電気料金単価(2013年10月現在)による
    • 生活スケジュール:建築学会標準生活スケジュールに準拠
    • 暖冷房システムの仕様
      • 1)快適エアリー;1階、2階各室を快適エアリーによる暖冷房
      • 2)床暖房;1階は全フロア床暖房による暖房(冷房は壁掛けエアコンによる)、2階は各室の壁掛けエアコンによる暖冷房
    • 運転スケジュール
      • 暖房運転時室温21℃、冷房運転時室温27℃
      • 1階LDK;6:00~10:00(暖房のみ) 、12:00~14:00、16:00~22:00 ・2階洋室;20:00~23:00・2階主寝室;21:00~23:00
      • 快適エアリーにおいては、厳冬期・盛暑期はおすすめタイマーを使用し、上記時間帯以外はキープ運転(冬期室温17℃、夏季室温29℃)
      • プラン、外気条件、生活条件、運転スケジュール等により電気代は異なります。
  • ※2ヒートポンプとは 空気中の熱(ヒート)を汲み上げて(ポンプ)、室内外を移動させる仕組みのこと。

このページの先頭へ

その他の省エネ性能についてもご覧ください

  • 独自システムで冬はあったか 快適エアリー(暖房)
  • 独自システムで夏は涼しく 快適エアリー(冷房)
  • 自然の力で熱を外へ 排熱システム
  • どの季節でもクリーンな空気 空気質

セキスイハイムがご提供する、長く快適に暮らせる住まいの性能

環境にやさしい性能
省エネ性能
耐久性能
可変性能
快適をつくる性能
断熱・気密性能
温熱・空気環境
遮音性能
安心を支える性能
耐震性能
耐風・耐水・耐火性能
加齢配慮
防犯性能