3階建ての実例・間取り

CASE.01

カタログ請求はこちら

CASE.01

美しさ、強さ、快適さ。
敷地いっぱいに想いを重ねた、
こだわりの一邸。

静岡県 K様邸

家族構成:ご主人、奥様、お子様2人

こだわりの

間取り&
プランニングポイント

  • 1階
  • 2階
  • 3階

01

プランニングポイント

地震への強さがハイムの決め手。

新旧の建物が密集する閑静な住宅街の一画に、ブラックのタイルで精悍な佇まいを見せるK様邸。建物、外構から室内まで、ご主人のこだわりが随所に表現されています。

静岡県という土地柄、地震への不安が大きく、「新潟の震災で、セキスイハイムの家が倒壊しなかったというニュースを見て」セキスイハイムに決められたというK様。

「デシオ」に決められたのは、ご主人の「1階をオープンな空間にしたい」というこだわりと、敷地面積に対して必要な部屋のスペースを考えると、3階建てでないとご希望が叶えられなかったからだそうです。

02

プランニングポイント

室内は白が基調の明るい家

室内に入ると圧巻なのは、ご主人みずからサンプルを取り寄せ、「これにしてほしい」と選ばれた、大理石タイル貼りのオープンなリビングダイニング。
白を基調としたインテリアで、陽の光が入りにくい1階でも、とても明るい印象です。

03

プランニングポイント

子どもたちとのコミュニケーションを考えてプランニング

2人のお子様がいらっしゃるK様は、家づくりの際、コミュニケーションを第一に考えられたとか。リビングにオープン階段を設置したり、子ども部屋の気配を感じられるように、吹き抜けを設けたり。家族が自然に交流できるように配慮されています。
また、タイル貼りの室内は冬の冷たさが気になるところですが、ウォームファクトリー※のおかげで足もとから暖かく、快適に過ごせたそうです。

住み心地は「大満足」とおっしゃるK様。色々とこだわった家だからこそ快適なんだと、住まいに対する深い愛情と満足感がうかがえます。

※ウォームファクトリーは、セキスイハイムの床下蓄熱暖房システムの名称です。

PAGE
TOP