プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

タイにおける戸建分譲事業 第一弾販売予定地が決定

2018年7月18日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:関口俊一、以下「積水化学」)は、タイにおいて2013年からユニット住宅の生産及び販売を展開しています。今年6月には現地大手デベロッパーのひとつであるProperty Perfect Public Company Limited(プロパティー・パーフェクト、以下「PF社」)と、合弁会社を設立することで合意。7月16日に関口プレジデントがバンコク市内で行われたPF社との共同プレスカンファレンスに出席し、「PF社と積水化学の知見を融合させ、タイのお客様の住環境の一層の向上に貢献してまいりたいと思います。」と挨拶しました。

<第一弾戸建分譲地の概要>

合弁会社PF-Sekisui JV Co., Ltd.設立のパートナーであるPF社所有の分譲地内(バンコク中心地から約20㎞付近、造成・インフラ設備整備済)に、計74区画の分譲住宅販売予定地が決定しましたのでお知らせいたします。

① ラムカムヘン(Perfect Masterpiece Ramkhamheang)

市の幹線道路ラムカムヘン通りに近く、バンコク都市鉄道の延伸計画もある

② ラタナティベ(Perfect Masterpiece Rattanathibet)

バンコク都市鉄道パープルラインが開通し、都心部へのアクセスが向上

③ クルンテープクリータ(Perfect Masterpiece Krungthep Kreetha)

国際空港に近く、大型幹線道路が部分開通し、今後最も発展が期待される

④ チェーンワッタナ(Perfect Masterpiece Chaengwattana)

再整備を進めるドンムアン空港にほど近い立地

いずれもセキュリティゲートやセンターパーク、緑化が充実した質の高い街づくりが特長となっています。

分譲価格:25百万タイバーツ(=約85百万円

建物規模:255~475㎡

総額:2,230百万タイバーツ(=約76億円

※ 1タイバーツ=3.43円にて算出

<ご参考>

■PF社との分譲住宅事業における合併会社設立について

PF社は土地情報収集力が高く、分譲地開発・販売ノウハウに強みがあり、戸建分譲事業における有力な協業パートナーであると考えています。合弁会社では、PF社が現在保有する既存分譲地内で、売上総額約76億円(約74区画)の戸建分譲を計画しています。

合弁会社概要 Property Perfect PCL会社概要

※PF社は、戸建、タウンハウス、分譲マンションなどの住宅事業、ホテル運営などのリゾート開発等、幅広く不動産事業を展開しています。これまでに既存合弁会社とは43棟(2010~2013年に供給)の協業実績があります。

■当社のタイにおける住宅事業について

積水化学では、タイにおいて、2009年にユニット住宅の生産及び販売合弁会社(SEKISUI-SCG INDUSTRY Co., Ltd. (セキスイ・エスシージー・インダストリー)及びSCG-SEKISUI SALES Co., Ltd. (エスシージー・セキスイ・セールス)、以下「既存合弁会社」)を設立し、2013年にはユニット住宅量産工場を竣工し、これまでに800棟を超える高品質、高性能のユニット住宅を供給し、お客様からは品質面や住み心地、アフターサービスなどで高い評価を受けてきました。合弁会社での戸建分譲事業にも、既存合弁会社からユニット住宅を供給する予定です。

生産合弁会社SEKISUI-SCG INDUSTRY Co., Ltd.概要 販売合弁会社SCG-SEKISUI SALES Co., Ltd.概要

※SCGCBM:SCG Cement-Building Materials Co., Ltd.(エスシージー・セメント・ビルディング・マテリアルズ) 、Siam Cement Group(サイアム・セメント・グループ)傘下のセメント・建材・ロジスティクス事業会社

PF社、積水化学の代表による記念撮影

(左から2番目 PF社 CEO チャーイニッド・アッタヤーナサクン、右から2番目 積水化学 取締役 専務執行役員 住宅カンパニー プレジデント 関口俊一)

セキュリティゲートイメージ
分譲予定建物イメージ

(分譲価格50百万タイバーツ~、建物規模475㎡)

このページの先頭へ