分譲住宅・不動産情報


プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

『Parfait(パルフェ) Hokkaido』の発売について
— 生産・販売・開発の連携により新商品を開発 —

  • ■外観はシンプルモダン、スマートデザインを追求
    ■太陽光発電システムとHEMSを搭載、スマートライフを追求
    ■基幹商品「ノースワード」で培った技術を継承、スマートテクノロジーを追求

2012年4月23日
北海道セキスイハイム株式会社

北海道セキスイハイム株式会社(本社:札幌市、社長:橋島正治)は次世代戦略商品として『Parfait(パルフェ)Hokkaido』を開発、4月28日(土)から販売を開始します。

新商品『Parfait(パルフェ)Hokkaido』は、暮らしやすさの追求と、そこから生まれる機能美を追求した住宅で、当社の基幹商品「ノースワード」の性能・構造を更に進化させ、生産・販売の一体経営によるハイコストパフォーマンスを結実させた住宅です。商品開発にあたっては、直接お客様と接するスタッフを中心としたプロジェクトを立ち上げ開発にあたりました。

当社の戸建住宅商品ラインアップは、ロングセラー住宅「ノースワード」、超高断熱住宅「シェダン」、一次取得者向け「クレスカーサ」の3シリーズでしたが、今回の『Parfait(パルフェ)Hokkaido』投入で4シリーズとなります。

新商品『Parfait(パルフェ)Hokkaido』の特徴

1.外観はシンプルモダン、スマートデザインを追求

外観はユニット工法の原点であるシンプルデザインです。
(1)外壁バリエーションの拡充、(2)バルコニーと玄関ポーチの新バリエーション及び開口新バリエーションの採用で表情豊かなシンプルモダン外観によりスマートデザインを追求しました。

2.太陽光発電システムとHEMSの搭載、スマートライフを追求

大容量の太陽光発電システム※1と「スマートハイム・ナビ」(HEMS)※2を搭載できる住宅で、エネルギーの需給状況を「見える化」しており、環境にも暮らしにもやさしいスマートライフを追求した住宅です。

また当社では、既存住宅でも一般住宅と比べてメンテナンスコストの低減を実現してきましたが、『Parfait(パルフェ)Hokkaido』では、防水仕様の高耐久化により更に10年間の延長を実現し、LCC(ライフサイクルコスト)※3も大幅に引き下げています。

3.基幹商品「ノースワード」で培った技術を進化、スマートテクノロジーを追求

『Parfait(パルフェ)Hokkaido』は、当社の基幹商品「ノースワード」で培ってきた高度工業化技術を進化。スマートデザイン・スマートライフ実現のため、工場生産の強みを最大限に活かしたハイコストパフォーマンス商品として開発しました。

  • ※1 セキスイハイムグループのソーラー住宅建設棟数105,885棟(2011年12月末)は、「ソーラー住宅建設棟数№1」としてギネス世界記録TMに認定。北海道では1,816棟(2012年3月末)採用されています。
    ※2 Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム、住宅全体のエネルギー利用を管理し最適化するもの。)
    ※3 家の一生にかかる費用(建設費+光熱費+メンテナンス費など)

■次世代商品投入の背景と今後の戦略

消費税引上げが現実的になりつつあります。それにつれて駆込み需要が予想され、その後は反動減と経済の激変、更には人口・世帯数減少などにより住宅市場はシュリンクしていくと予測されます。そうした時代において、市場のお客様ニーズに合った商品・サービスの提供をする事が、ますます重要になってくると思われます。そこで、「ノースワード」と「クレスカーサ」では掘り起こすことの出来なかったお客様ニーズにお応えする戦略商品として今回『Parfait(パルフェ)Hokkaido』を発売します。

新商品『Parfait(パルフェ)Hokkaido』は、当社商品の強みである先進・高性能路線をさらに充実し、太陽光発電システム、「スマートハイム・ナビ」(HEMS)、タイル外壁、断熱性能アップなどの付加価値提案を積極的に行えるような商品として開発しました。

■『Parfait(パルフェ)Hokkaido』の概要

1.外観はシンプルモダン、スマートデザインを追求

『Parfait(パルフェ)Hokkaido』は、ユニット工法の原点を追求し無駄なものはできるだけそぎ落とし、本当に必要なものをトコトン突き詰めた、洗練されたシンプルデザインの住宅です。そのシンプルデザインに磨きをかけるためにシャープなデザインのパラペットを採用しました。外壁もバリエーションを6種29色と増加し、部分毎に貼り分けるブロック貼り分けや、一層と二層を貼り分けるレイヤー貼り分け、窓の上下を貼り分けする等、新たな提案が出来るようになりました。また、6種類のバルコニーと3種類の玄関ポーチ及び外観にアクセントをつけるための開口バリエーション追加等の様々な組み合わせにより、表情豊かなシンプルモダン外観を実現しました。

2.太陽光発電システムとHEMSを搭載、スマートライフを追求

『Parfait(パルフェ)Hokkaido』は、環境性、経済性、快適性の賢いくらし、スマートライフの実現をスマートテクノロジーで追求した住宅です。大容量の太陽光発電システムとHEMS「スマートハイム・ナビ」が、省エネ生活をサポートします。

「スマートハイム・ナビ」はエネルギーの需給状況を「見える化」したもので、家庭の電力使用量や太陽光発電量、売電・買電の情報をリアルタイムでチェック、スマートライフを実現します。セキスイハイムでは省エネコンサルティングを無料で実施しており、光熱費を20%(当社PV搭載住宅に比べ)近く削減することも可能です。

これからの住宅は50年・60年と親から子、子から孫へと住み継ぐ住宅になっていくと予測されます。そのため、新築時の建設費だけでなくメンテナンス費や生活する中で発生する光熱費などトータルな視点で住宅を選ぶ必要があります。

『Parfait(パルフェ)Hokkaido 』では環境にやさしく、経済的にもメリットのあるタイル外壁の推奨や長寿命を誇る高耐久防水シートを採用しました。従来から既存商品でも一般住宅と比べてメンテナンスコストを節減してきましたが、『Parfait(パルフェ)Hokkaido』では更なる節減が可能となりました。(40年のLCCは、「ノースワード」比130万円引き下げ可能)

3.基幹商品「ノースワード」で培った技術を継承、スマートテクノロジーを追求

北海道の冬の気象条件は厳しく、当社では北海道独自の研究機関「北方住文化研究所」を設置して快適性や安全性を支える住性能を研究しています。『Parfait(パルフェ)Hokkaido』の商品化にあたっては、当社の基幹商品「ノースワード」等(累積販売棟数約1.9万棟)で培ってきた技術を継承しています。雨・雪・風をしのげる工場内で施工する高度工業化住宅の持つ意味は、北海道においては非常に大きく、地域・季節の関係なく、性能値通りの品質でお引渡しが出来る最大の理由となっております。また、スマートデザイン・スマートライフを形にするため、研究所と工場が一体となって工場生産技術を進化させ、最新の高断熱仕様を開発しました。この仕様により、今以上に冬でもぽかぽか快適空間、どこにいても暖かく快適に過ごせる温度差の少ない住宅を実現しました。

4.提案プラン

●邸宅プラン(延床面積182.01㎡)
吹き抜けとオープン空間で明るく開放感の暮らしを提案したプランで、家事動線の中心に「くつろぎ空間のテラス」、住まいのシンボルとなる「オープン階段」などが特色。

●子育てプラン(120.65㎡)
家事をしながら子どもに目が届くオープン空間、学習意欲を育む工夫を施しています。

●オープンコンパクトプラン(115.29㎡)
限られたスペースの中でも広々と暮らせるようにできるだけ余分な柱や廊下を排したオープン空間としたプラン。子どもの成長や暮らしの変化にきちんと対応できるようにしています。

●楽家事プラン(127.13㎡)
家事を効率的にこなせて、片付けも楽にできるように収納と動線に工夫を凝らしたプラン。洗濯から収納までを一直線の動線にしています。

●二世帯プラン(184.21㎡)
玄関は独立玄関、親世帯の主寝室の上に子世帯の主寝室を配置するなど親の就寝後リビングでの団欒も気兼ねなくできるなど主寝室や子ども部屋の生活音に配慮したプラン。

●エイジレスプラン(150.67㎡)
加齢によるライフスタイルや身体機能の変化に対応できる様配慮したプラン。

■販売目標

販売目標:2012年度350棟を計画。
販売価格:3.3㎡あたり65万円台~(PV、HEMS搭載『Parfait(パルフェ)Hokkaido JX』)

このページの先頭へ