プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

準耐火・3階建て賃貸住宅『レトアFⅢ』の発売について
—ファミリーが満足して永く暮らせる戸建て感覚の居住性能を実現—

2010年7月15日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、セキスイハイム発売40周年記念商品として準耐火3階建て賃貸住宅『レトアFⅢ』(レトアエフスリー)を開発、7月24日(土)より全国発売(沖縄・積雪地域除く)し、3階建て賃貸住宅市場に参入します。
工場で大部分を生産するユニット工法を開発、セキスイハイムブランドで住宅事業に参入して今年で40周年を迎えました。今回発売する『レトアFⅢ』は、環境性能・安全安心性能・快適性能を引き上げ、ロングバリュー賃貸住宅「レトアシリーズ」のフラッグシップ商品となる3階建て賃貸住宅です。
賃貸住宅市場は今、大きな変革期を迎えていますが、これまで40年間にわたり戸建て住宅で培ってきた技術・ノウハウを結集し、「ファミリーが満足して永く暮せる戸建て感覚の居住性能の実現」をキャッチフレーズに商品化したものです。入居者に選ばれ永く住み続けて頂くことで、オーナーの長期安定経営も目指しています。

『レトアFⅢ』の特徴

<入居者満足、ハード面の進化>
(1)耐震・耐火性能の進化
 セキスイハイム独自の耐震システム「GAIASS(ガイアス)」により、高い耐震性能を実現。耐火性能の高い外壁等の採用により、60分準耐火をクリアしました。
(2)居住・防犯性能の進化
 オートロックエントランス、床遮音L55仕様を用意するなど、防犯性能や居住性能を一段とレベルアップしています。
<入居者満足、ソフト面の進化>
(3)収納・プランの進化
「LDトール収納」、「オープン棚」、「ランドリーオープン棚」、「ウォークインクローゼット」など収納提案を充実。また、プランも子育て世代の入居者をターゲットにしたもの等を多彩に用意しています。
(4)設備・外観の進化
 設備やインテリアについては戸建て並みにレベルアップ。外観も外階段に垂直デザインを強調するアルミ格子化粧を採用、街並みに溶け込むスタイリッシュな外観を実現しました。
<オーナー満足の進化>
(5)タイル外壁・ソーラー発電&オール電化によりロングバリュー賃貸住宅を進化
 外壁に磁器タイルを採用することで、年月を経ても美しく、オーナーの長期安定経営をサポートします。また、フラットルーフの強みを活かしたソーラー発電のおひさまスタイル&オール電化仕様でロングバリュー賃貸住宅を実現します(オーナーの経営方針に合わせ多彩な売電プランを用意しています)。

■開発背景と商品コンセプト

賃貸住宅市場は借手市場が定着し、特に地方都市では空室が目立つようになっています。空室の増加はアパート投資を躊躇させる最大の要因となっていますが、土地オーナーによる土地有効活用ニーズは依然として根強いのも事実。空室リスクをいかに軽減するのかが、賃貸経営のポイントとなっています。その1つの回答が、「ファミリーが満足して永く暮らせる戸建て感覚の居住性能の実現」です。これからの賃貸住宅は、入居者満足を第1としなくてはなりません。入居を安定化させるには、入居者に満足してもらう必要があるからです。永く住んでもらうことが安定経営を実現すると言っても過言ではありません。
郊外や地方都市では、ファミリー層が満足する大型プランの賃貸住宅は不足しています。また、永く住み続けて頂ける入居者は、戸建てと同等レベルの居住性能の賃貸住宅を求める傾向にあります。これまで賃貸住宅は2階建てが主流でしたが、3階建てとすることで大型プランでも入居世帯数を確保し、限られた敷地でも家賃収入を増やすことが可能となります。
新商品『レトアFⅢ』は、このような入居者・オーナーのニーズへの対応を目指して開発しました。

■『レトアFⅢ』の特徴

<入居者満足、ハード面の進化>

(1)耐震・耐火性能の進化

「粘り抵抗型」の構造体と「強度抵抗型」の高性能耐力外壁、この2つの性能で巨大地震にも耐えるセキスイハイム独自の耐震システム「GAIASS」を採用し、耐震等級3を取得、耐震性能を進化。また、耐火性能の高い外壁等の採用により60分準耐火をクリアしました。

(2)居住・防犯性能の進化

エントランスにはオートロックの新エントランスシステム(右写真)を用意し、防犯性能を一段とレベルアップしました。 また、業界トップクラスの遮音性能を持つ壁や床は、排水音や住戸間の音が伝播する事を軽減し気兼ねなく暮らせる様配慮しています。

<入居者満足、ソフト面の進化>

(3)収納・プランの進化

ファミリー賃貸住宅入居者の不満は、スペースに対する不満が一番で、収納が足りない、収納の使い勝手が悪いなどがあげられています。『レトアFⅢ』ではまず収納不足に対応し、「LDトール収納」、「オープン棚」(右写真)、「ランドリーオープン棚」、「ウォークインクローゼット」を設け、収納を充実。必要な場所に必要なモノを出し入れできる使いやすさにこだわり、進化させました。
また、子育てファミリー層には「子育て支援プラン」(プラン例は最終頁に添付)も用意しました。

(4)設備・外観の進化

対面型キッチンの採用や広めのユニットバスなど、設備やインテリアについても戸建て感覚の居住性能にレベルアップ、進化させました。
また、階段の外装についても垂直のデザインを強調するアルミ格子化粧としており、デザイン面をシンプルなものとし、街並みに溶け込むスタイリッシュな外観を実現しました。

<オーナー満足の進化>

(5)タイル外壁・ソーラー発電&オール電化によりロングバリュー賃貸住宅を進化

外壁は年月を経ても美しく、かつメンテナンス費用がほとんどかからない磁器タイル(右写真)を採用しています。LCCに優れており、長期安定経営の面でも優位性を発揮します。
さらに、ソーラー発電&オール電化を導入、売電収入を入居者に還元できるようにしています。入居者の家計を助けることで、入居者満足にもつながり環境貢献にもつながります(オーナーの経営方針に合わせ多彩な売電プランを用意しています)。
賃貸住宅経営者は単に儲かればいいというだけでは満足せず、社会貢献や環境貢献をも望む傾向にあります。60分準耐火をクリアした3階建て賃貸住宅は、ファミリー賃貸住宅不足の解消にも一役買うことになります。

■販売価格と販売目標

販売価格は3.3m²54万円台から
(ファミリータイプ9世帯延べ床面積493m²、1世帯あたり53.98m²)。
販売目標は2010年度300戸、2011年度600戸を計画しています。

【3階建て賃貸住宅『レトアFⅢ』代表外観】


【3階建て賃貸住宅『レトアFⅢ』代表外観プラン】

このページの先頭へ