分譲住宅・不動産情報


プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

セキスイハイム 初の海外本格進出について
— タイに住宅生産・販売の合弁会社設立 —

◇タイでユニット工法の強みを活かした住宅事業をスタート
◇高性能・高耐久・短工期の技術を差別化戦略に
 
2009年9月17日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社(代表取締役社長:根岸修史、以下積水化学)住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、国内で展開してきたユニット住宅「セキスイハイム」のノウハウを活かし、海外で住宅事業を本格展開することを検討してきました。このほどタイ最大のコングロマリットの一つ、Siam Cement Group(読み:サイアム・セメント・グループ、以下SCG)のSCG Building Materials(読み:エスシージー・ビルディング・マテリアルズ、以下SCGM)と生産・販売の合弁会社を設立することで合意、10月からバンコク市とその周辺で住宅事業を開始します。本事業は、セキスイハイム独自のノウハウとSCGの人材、ブランド力を最大限に活用します。

具体的には、(1)住宅生産工場を建設し、現地で人材を採用します。鉄骨をはじめとした部材も現地調達し、現地の住宅と同等の販売価格を実現します。(2)セキスイハイム独自のノウハウで現地住宅の問題点を解決し、さらに日本で培ってきたライフサイクルコストにおける優位性で差別化を図ります。(3)複数の現地大手ディベロッパーとの協業により効率の良い販売を行ないます。

積水化学住宅カンパニーでは、海外展開をNEXTフロンティア事業と位置づけ、積極的にフロンティア開拓を進めていきます。

■合弁会社の概要

※1バーツ3円にて算出
  生産合弁会社 販売合弁会社
社名 SEKISUI-SCG INDUSTRY CO.,LTD.
(セキスイ・エスシージー・インダストリィ)
SCG-SEKISUI SALES CO.,LTD.
(エスシージー・セキスイ・セールス)
事業内容 ユニット住宅の生産 ユニット住宅の販売・建設・アフターサービス
資本金 6億円 3億円
出資比率 積水化学:51% SCGM:49% 積水化学:49% SCGM:51%
出資額 積水化学:3億600万円 積水化学:1億4,700万円
本社所在地 タイ バンコク市(工場:サラブリ県) タイ バンコク市
代表者 桜井秀巳(2009年10月1日就任予定) 未定(SCGMより就任予定)
従業員 設立時37人 設立時17人
稼動時期 2009年11月1日 2009年10月1日

■合弁関係図

■タイ選定の理由

タイで住宅事業を開始する理由は以下の通りです。

  • (1)タイは戸建志向が強く、当社ユニット住宅「セキスイハイム」の強みを活かすことができる。
  • (2)SCGMというタイを代表する優良企業とパートナーを組むことができる。
  • (3)タイには積水化学の高機能プラスチックスカンパニー管轄のグループ会社が複数あり、現地とのビジネス上のつながりが形成されている。

■タイの住宅市場について

タイの住宅市場の概況は以下の通りです。

(1)市場規模
年間着工戸数は30万~40万戸で推移しており、約90%が戸建住宅。また、着工戸数の約15%が富裕層向けである。
(2)タイの住宅の現状と課題
  • ・一般的な住宅はRC(鉄筋コンクリート)にレンガやブロックを組み合わせる工法で、天候の影響なども受けるため、平均工期が12ヵ月と長い。
  • ・施工品質に課題があり、雨漏りや壁のヒビ割れなどの問題が多い。
  • ・断熱工法が普及していないため冷房効率が悪く、冷房費が家計の負担となっている。
  • ・建物本体と内装設備の業者が異なるため、トラブル時の対応に不安がある。

■合弁会社の事業戦略

セキスイハイムの固有技術(高性能、高耐久、短工期)と、SCGのブランド力を組み合わせ、タイにおける住宅メーカーとしてのブランドを確立し、市場シェアを獲得します。具体的には以下の通りです。

  • (1)セキスイハイムが日本で構築した高気密・高断熱・高耐久技術と工場生産による高品質で差別化を図る。
  • (2)安定した受注確保のため、当初は大手ディベロッパーに絞った営業展開を中心に行う。
  • (3)建物本体から内装仕上げまでを一貫して行い、さらに販売からアフターサービスまで行うことで差別化を図る。

■事業計画

実質事業初年度となる2010年度(1~12月)は年間100棟、2013年度には年間1,000棟の販売を計画しています。

<参考>

Siam Cement Group (SCG)概要

  • 代表者:Kan Trakulhoon(読み:カーン トラクーンフン)
  • 事業内容:化学・製紙・セメント・建材・物流の5事業がメイン
  • 本社所在地:タイ バンコク市
  • 売上高:8,795億円(2008年度)
  • 従業員:約28,500人

SCG Building Materials(SCGM)概要

  • 代表者:Pichit Maipoom(読み:ピチット マイプム)
  • 事業内容:屋根材・天井材・壁材・床材・タイル・衛生陶器等の建材事業
  • 本社所在地:タイ バンコク市
  • 売上高:701億円(2008年度)
  • 従業員:約7,800人
  • 海外拠点:インドネシア・フィリピン・カンボジア・ラオス・ベトナムに計9拠点

このページの先頭へ