プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

— PV標準搭載のオール電化アパート。オーナー・入居者メリットを向上 ─

賃貸集合住宅『レトアおひさまスタイル』の発売について


2009年7月9日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、7月27日(月)より賃貸集合住宅の新商品『レトアおひさまスタイル』を発売します。
当社では、2007年7月に賃貸集合住宅の基幹商品として居住性能の大幅な向上を図った 『レトア07モデル』を発売。建物品質やサービスを重視した「ロングバリュー賃貸住宅」という思想の下、事業を展開して参りました。今回の『レトアおひさまスタイル』は、太陽光発電システム(以下、PV)を標準搭載したオール電化のアパートを強力に推進するもので、PV搭載による環境配慮に加え、売電によるオーナー・入居者メリットの向上も図りました。コンセプトは、"オーナーも「にっこり」、入居者も「にっこり」"。『おひさまハイムキャンペーン』(4月25日~8月31日まで開催)における環境応援プラン「おひさまアースエイド」の活動と連動した販促活動も展開しております。

『レトアおひさまスタイル』の特徴

1.「ロングバリュー賃貸住宅」という思想

セキスイハイムのアパート事業は「ロングバリュー賃貸住宅」という思想の下、長期に亘り安定した賃貸経営のサポートを行っています。それは耐震性や高気密・高断熱、可変性、防犯性といった建物の高い性能と品質に加え、入居者ニーズなどの調査やプランニングなどのソフトサービスを充実することで、オーナーにとって「いつまでも資産として価値を生み続けることができる」という考え方です。
具体的には、「建物品質を保証するシステム」として (1)独自の建物履歴管理 (2)業界最長クラスの20年長期保証制度 (3)定期診断無償の60年間長期サポートシステム。「サービス品質を保証するシステム」として (4)一括借り上げシステム (5)各専門家とのソリューションネットワーク (6)邸別情報管理システム (7)リノベーション・リハイムシステムの構築など、長期に亘り安定したサポートシステムをご用意しています。

2.大容量のPV標準搭載とオール電化を提案

『レトアおひさまスタイル』では、今回新たに大型タイプの屋根を導入し、大容量PVの搭載とオール電化を提案します。生み出された電力は、(1)賃貸住宅の入居者に活用する (2)共用部分の電力として活用する (3)同一敷地内にあるオーナー宅で活用することが可能で、これらの中から最適な仕組みをご提案いたします。このほか、オーナーにとっては敷地対応力・収益性のアップ、入居者にとっては居室面積・収納面積の拡大といったメリットの向上につなげました。

3.「おひさまアースエイド」を推進

政府は、環境・経済問題を背景にPV普及を打ち出し補助金制度を復活。さらに、自治体も補助金制度の整備を進めています。また、余剰電力の「固定価格買取制度」も導入される予定です。このような状況を受け、『レトアおひさまスタイル』では、家計と地球のための環境応援プラン「おひさまアースエイド」のPV設置支援をアパートの分野でも積極的に推進します。具体的には、各種補助金に加え(アパートの場合、一部利用できないケースもあります)「おひさまアースエイド(7万円/kW)」によるPV設置支援を行ない、PVのイニシャルコストの低減と償却期間の大幅な短縮が可能になることをアピール。本年6月末にはPV搭載住宅累積7万棟を達成しましたが、そのノウハウをもとに差別化を強化します。

■「ロングバリュー賃貸住宅」について

当社では、住生活基本法(2006年6月施行)を機にわが国の住宅政策が量から質に転換したことを背景として、賃貸集合住宅の分野でもこれに対応するため、2007年7月に「レトア07モデル」を基幹商品として開発。「ロングバリュー賃貸住宅」という思想の下、積極的に展開してきました。
具体的には、「建物品質を保証するシステム」として (1)独自の建物履歴管理スタックシステム(トレーサビリティ) (2)業界最長クラスの20年長期保証制度 (3)定期診断無償の60年間長期サポートシステムを、「サービス品質を保証するシステム」として (4)一括借り上げシステム (5)各専門家とのソリューションネットワーク (6)邸別情報を全て管理しているストリームシステム (7)メンテナンスなどのコストを抑えるリノベーション・リハイムシステムの構築などを提案。「いつまでも資産として価値を生み続けることができる」ことを目的に「ロングバリュー賃貸住宅」をご提供します。
賃貸住宅は、長期安定経営がポイントとなります。当社では独自の「オーナーサポートシステム」を展開し、建物の定期点検や定期診断と連動させて経営診断を行ない、賃貸住宅経営をサポートしていくバックアップ体制を構築しています。また、家賃市場の変化や空室リスクに対応するほか、管理・運営をグループ会社のセキスイハイム不動産とその関連会社・協力会社で請け負うトータルなサービスシステムも導入しています。

■『レトアおひさまスタイル』の概要

Ⅰ.大容量PVを標準搭載

『レトアおひさまスタイル』では、大容量のPV搭載を可能とする大型タイプの屋根を導入。これに基づいて以下の3つのタイプをご提案し、オーナー・入居者メリットの向上に努めます。

〈タイプ1〉 入居者の自宅電源に活用

『レトアおひさまスタイル』で発電した電力を各住戸に振り分けて活用。余った電力は売電し、入居者に還元する魅力あるサービスが可能で、高い入居率が期待できます。

〈タイプ2〉 賃貸住宅の共用電源に活用

オーナー宅から離れた場所に『レトアおひさまスタイル』を建築する場合は、発電した電力を賃貸住宅の共用部分の電気代として活用できます。余った電力は電力会社に売却します。

〈タイプ3〉 同一敷地内のオーナー宅の電源として活用

『レトアおひさまスタイル』に隣接するオーナー宅に電力を供給。電力はオーナーが活用することで自宅の光熱費削減効果が期待されるほか、余剰電力を電力会社に売却することも可能となります。
政府は、環境・経済問題を背景に本格的なPV普及を打ち出し補助金制度を復活させました。さらに、自治体も補助金制度の整備を進めています。また、余剰電力を現状の約2倍で買取る新たな制度が今年度実施に向けて検討されています。
『レトアおひさまスタイル』では、このような諸条件を十分検討したうえで最適なタイプをご提案します。
※電力会社によっては対応できないこともあります。

Ⅱ.入居者満足向上メニュー

1.オール電化を採用

IHクッキングヒーターと電気温水器からなるオール電化の採用は、火災発生リスクの低減や部屋が汚れにくくなることなど、入居者のみならずオーナーにもメリットが発生します。

2.収納量・水回りの広さを追求

入居者を対象とした当社独自の調査では、収納量の少なさと水回りスペースの広さに不満があることが分かりました。そこで収納については、玄関や寝室のクローゼットの充実、水回りもサニタリー部分の収納スペース拡充を行いました。

3.キッチン・バス・洗面はワイドに

積極的賃貸派の快適生活を実現するため、キッチン・バス・洗面台を一回りワイドにし、グレードアップ仕様の品揃えも図りました。また内装・設備を戸建のレベルとしました。

4.住み心地の向上

戸建てレベルの構造躯体をベースに、業界最高レベルの住み心地実現に向け床遮音性能の強化(LAW-55)を図るとともに、アルミ樹脂複合サッシを採用しました。

Ⅲ.オーナー満足度の強化メニュー

1.「イニシャルコスト」と「メンテナンスコスト」を低減

「イニシャルコスト低減」メニューとしては

  1. (1)新屋根材の導入(コスト減)
  2. (2)LSパティオプランの導入(ユニット数の削減)
  3. (3)LS廊下設置の導入(不必要な廊下を削減)
  4. (4)新キャンチバルコニー(専用バルコニーの開発でコスト減)など

「メンテナンスコスト低減」メニューとしては

  1. (1)高耐久外装材(メンテンス不要)
  2. (2)内装防汚パネル(原状回復費用削減)
  3. (3)ビニル床シート(家具やキャスター跡が残りにくい)
  4. (4)玄関キーシリンダー(長期間交換不要)など

2.経営サポート力の強化

独自の「オーナーサポートシステム」を実施し、建物の定期点検や定期診断と連動させて経営診断を行ない、アパート経営をサポートしていくバックアップ体制を展開しています。

Ⅳ.「おひさまアースエイド」を推進

セキスイハイムグループでは8月31日まで、「おひさまハイムキャンペーン」を実施しています。全国の展示場・入居者邸・完成現場等で、当社独自の家計と地球のための環境応援プラン「おひさまアースエイド」によりPVの全邸提案活動を推進。PV設置支援とそれに伴う環境貢献活動を行うものです。とくに「おひさまアースエイド」では、「おひさまアースエイド(7万円/kW)」+「各種補助金(アパートの場合、一部利用できないケースがあります)」を活用することで、従来よりもPVのイニシャルコストの低減と償却期間が大幅に短縮できるようになりました。
なお、キャンペーンの効果もあり、6月末でPV搭載住宅が累積7万棟を突破。PV搭載ナンバーワンの実績を、賃貸集合住宅商品『レトアおひさまスタイル』でも強く訴求する計画です。

Ⅴ.販売価格と販売目標

販売価格は3.3㎡あたり49万円から。
販売目標は2009年度1,000戸を計画しています。

レトアおひさまスタイル」代表外観/プラン

このページの先頭へ