プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

『bj new(ビージェイ・ニュー)』の発売について

-「団塊ジュニア世代」の多様化するライフスタイルに対応 —

■新開発「スキップアップピット」により魅力的な新空間を提案
■ハイブリッド耐震システム「GAIASS(ガイアス)」を標準採用
■「ザ・コンランショップ」とのコラボレーションサイトをオープン

2008年4月17日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、4月26日(土)より、鉄骨系ユニット住宅の新商品『bj new(ビージェイ・ニュー)』を全国(北海道、沖縄および一部積雪地帯を除く)で発売します。
当社は「地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいの提供」を事業理念に「環境」「快適」「安心」をキーワードとし、商品開発・住宅供給を進めています。
今回発売する『bj new』では、2002年6月の発売以来ご好評頂いている基幹商品「ハイムbj」の省エネ性能(環境)、空気温熱性能(快適)に加えて、ハイブリッド耐震システム「GAIASS(ガイアス)」の標準化で耐震性能(安心)を一段とバージョンアップしました。また、団塊ジュニア世代の家族志向に対応するプラン・生活提案も強化。「オブリックルーフ」(片流れ大屋根)を活用する2.5階スタイル「スキップアップピット」を新たに導入することで、一般的な小屋裏と比べ空間の活用度が大きく広がりました。
さらに、人気の「ザ・コンランショップ」とのコラボレーションによる3Dシミュレーションサイト『セキスイハイム×THE CONRAN SHOP / Style Design Web』を『bj new』の発売と同時にオープンし、団塊ジュニア世代のこだわりを満たす「質」の高い生活提案を目指します。

『bj new』の特徴

■新開発「スキップアップピット」により魅力的な新空間を提案

「スキップアップピット」は、「オブリックルーフ」(片流れ大屋根)を有効活用して生まれた2層の小屋裏空間です。住まい手の自由な発想で、収納空間やギャラリースペースなどの用途として、2階とゆるやかにつながる立体的な空間づくりが可能となり、多様化する団塊ジュニア世代のライフスタイルに対応しやすくなりました。

■ハイブリッド耐震システム「GAIASS(ガイアス)」を標準採用

『bj new』では、ハイブリッド耐震システム「GAIASS」を標準採用し、耐震性能を一段と進化させました。「GAIASS」は、追加の装置に頼らずに無理なく地震動を分散させるハイブリッド耐震構造で、オープンプランや大開口でも品確法の最高等級「3-3-2(耐震倒壊防止、耐震損傷防止、耐風)」を標準仕様で取得可能です。

■「ザ・コンランショップ」とのコラボレーションサイトをオープン

「ザ・コンランショップ」の実際の家具を使用し、bjの空間(リビングなど一部)を自由にコーディネート、3Dで確認することができます。保存も可能で、サイト上に自分のお気に入りの家具に囲まれた部屋をもつことができます。また、「ザ・コンランショップ」の定番商品、人気商品、おすすめコメントなどの情報を掲載し、よりリアルな擬似空間を体験していただけます。

■『bj new』の概要

1.「スキップアップピット」で小屋裏空間を自在に活用

「スキップアップピット」は「ハイムbj」の象徴といえる「オブリックルーフ」(片流れ大屋根)を有効活用し、傾斜天井の下を2層に分けた小屋裏空間です。利用度の低かった一般的な小屋裏と比べ、2階床部分は収納として活用、0.5階分上がる新空間は収納だけでなくギャラリースペースとして利用するなど、住まい手の自由な発想で活用できるようにしました。さらに、建物の中に吹き抜けやロフトなどとともに立体的にひろがる空間づくりも可能となり、多様化する団塊ジュニア世代のライフスタイルに対応しやすくなりました。

2.「GAIASS(ガイアス)」による品確法の最高等級対応を標準化

セキスイハイムの高い耐震性は、2003年に実施した実大耐震実験で阪神・淡路大震災の約2.5倍強の2112ガルにも耐えたことで実証されています。『bj new』では、ハイブリッド耐震システム「GAIASS」(国土交通大臣認定)を標準採用し、耐震性能を一段と進化させました。
「GAIASS」は、中小規模の地震には主に「強度抵抗型」の高性能耐力外壁により同じ外力を受けても変形量が小さく、建物の揺れを軽減します。また、巨大地震には「粘り抵抗型」のボックスラーメン構造体により地震力を地盤へ逃がします。

地震に強い住宅とするために免震・制震装置を導入する方法もありますが、「GAIASS」は、装置に頼らずに無理なく地震動を分散させる複合型の耐震構造です。広がりのあるオープンプランや光をたくさん取り込める大開口配置でも、品確法の最高等級「3-3-2(耐震倒壊防止、耐震損傷防止、耐風)」を標準仕様で取得可能となっています。

3.「温熱・空気最適デザインシステム」の導入で、快適性を向上

『bj new』では「温熱・空気デザインシステム」の導入により、オープンプランでありながら快適な住み心地を実現しました。セキスイハイム独自の、床下に冷気を入れない基礎断熱工法を採用。基礎断熱の床下は、年間を通じ安定した地中温度が利用できるため、床下換気基礎と比べて「夏涼しく・冬暖かい」という大きなメリットがあります。さらに、冬は「ウォームエアリー(床下蓄熱暖房システム「ウォームファクトリー」 +熱交換型第一種換気システム「 エアーファクトリー」)」の採用で、上下の温度差や室間の温度差が少ない温熱環境を実現。夏は換気・排熱を促す起風天窓を核とした「クールエアリー(クールファクトリー + エアーファクトリー)」の採用で熱のこもりを防いだ快適環境を実現します。

「温熱・空気最適デザインシステム」による優れた温熱環境を実現しつつ、躯体の高い気密・断熱性能により、エネルギー消費量の低減やCO2排出量の削減といった環境保全の効果も期待できます。

4.アクセントメニューの開発で外観ファサードを充実

開口部には、新開発の「カラーパレットウインドウ」を採用。左右非対称で構成したデザインで、開口部下部のペアガラス内側にメッシュ状の特殊カラーセラミックプリントを施しました。玄関ドア色と合わせたカラーコンビネーションにより、「クールカジュアル」から「ナチュラル」まで幅広いテイスト(4色)に対応できます。
また、モダンデザインを際だたせる、手すり面にガラス面材を使用した「テラスバルコニー」を新規に採用。白乳色のバルコニーを選択した場合、外部の視線を遮りながら採光を確保でき、プライバシーと開放感を両立します。いずれも外観ファサード上のアクセントになり、街並みとの調和も図れます。

5.『セキスイハイム×THE CONRAN SHOP / Style Design Web』を4/26よりオープン

累積アクセス数が200万PVを超え、好評だった3Dシミュレーションサイト(bj+me)をベースに、「ザ・コンランショップ」とのコラボレーションによる新3Dシミュレーションサイト『セキスイハイム×THE CONRAN SHOP / Style Design Web』(http://www.heim-bj.com)を4月26日(土)よりオープンします。

人気の高い、「ザ・コンランショップ」の実際の家具を使用し、bjの空間(リビングなど一部)を自由にコーディネート、3Dで確認することができます。さらに、コーディネートしたものを保存することにより、ユーザー間での情報交換が可能になっています。

また、「ザ・コンランショップ」との連携により、3Dシミュレーションサイト上に「ザ・コンランショップ」の定番商品、人気商品などの情報を掲載。さらに、選んだ家具に対するお勧めコメントを載せるなど、よりリアルに近い体験をして頂けるようにしています。

ザ・コンランショップは、インテリアデザイナー、テレンス・コンランの確かな目によって、世界中から厳選した インテリアアイテムや自らデザインしたオリジナルアイテムを取り揃えるホームファニッシングショップです。
現在、ロンドン(2店舗)、パリ、ニューヨーク、東京(新宿・丸の内)、名古屋、福岡の6都市8店舗にてショップを展開しています。

  • 【販売価格】 販売価格は標準仕様(122.07㎡のモデルプラン)で3.3㎡あたり62.9万円から
  • 【販売計画】 販売計画は初年度4,000棟を目指します。
『bj new』の外観

このページの先頭へ