分譲住宅・不動産情報


プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

『あったかハイムキャンペーン』の実施について
■全国約500ヶ所(入居者邸、完成現場、展示場)で「あったかハイム」の体験・体感会
■新開発の加湿システムを追加した「ウォームファクトリー」で更に快適性を向上

2007年10月11日
積水化学工業株式会社
 積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:東郷逸郎)は、今年も11月9日(金)より、『あったかハイムキャンペーン』を全国で実施します。
 従来、日本では居室ごとの個別温風暖房が主流で、全館暖房の採用率は低く、特に高齢者の健康に影響が大きい室間の温度差(ヒートショック)や快適性を損なう上下の温度差(足元の冷え)など、冬の暖かさに対するいくつかの問題を抱えていました。これらを解決するために開発したのが、「ウォームファクトリー」であり、住宅新築の際に「快適」で「健康的な」暮らしを実現していただくため、昨年より「あったかハイムキャンペーン」を開催して普及に努めてまいりました。(ウォームファクトリー採用率は全セキスイハイム戸建に対して、2005年度24%、2006年度は58%と急増しています)
 今年の『あったかハイムキャンペーン』のテーマは「あったか家族」。昨年以上にスケールアップし、盛りだくさんな内容となっています。

『あったかハイムキャンペーン』の内容と特徴

1. 名称: 『あったかハイムキャンペーン』
2. 期間: 2007年11月9日~2008年3月2日(沖縄地域を除く全国で実施)
3. 特徴: (1)全国の販売拠点500ヵ所で、あったか体験・体感会を実施
 全国の展示場・入居者邸・完成現場等で「ウォームファクトリー」の体験・体感会を開催。実際に体感していただくことで「あったかハイム」を理解していただきます。来場者には「冬の健康対策ハンドブック」や「あったかオリジナルノベルティ」をプレゼント。

(2)新たに加湿機能を追加した「ウォームファクトリー」をキャンペーン価格で
 キャンペーン期間中にセキスイハイムを建築のお客様には、従来の「ウォームファクトリー」に、新たに加湿機能を追加してキャンペーン価格で提供いたします。

(3)「専用キャンペーンサイト」の設置http://www.attaka816.com
 「あったかハイム」を擬似体験していただくとともに、CM出演する「あったか家族」がWebムービーで、家づくりを実現するまでをストーリー仕立てで放映します。また全国のイベント情報も公開します。

(4)「あったかダンスコンテスト」を実施
 11月オンエアの「あったかCM」(阿部寛氏出演)にちなみ、全国視聴者を対象にビデオ投稿による「あったかダンスコンテスト」を実施。(入賞者には海外旅行などの賞品を用意)

(5)「あったか口コミキャンペーン」を開催
 入居者には「ウォームファクトリー」の良さを親類や友人に伝えていただくことを目的とした、「あったか口コミキャンペーン」を同時開催します。

4. 目標: 期間中の「ウォームファクトリー」の採用率を70%に引き上げることを計画しています。
参考

『ウォームエアリー』について

 『ウォームエアリー』は「快適」で「健康的」な暖かさをコンセプトに開発した全館暖房換気システムで、ユニット工法ならではの高気密・高断熱躯体をベースに、床下大空間を活かした「ウォームファクトリー」(床下蓄熱暖房システム)と「エアファクトリー」(熱交換型第一種換気システム)で構成しています。夜間の安い深夜電力を利用し、日中はその輻射熱で暖めることで暖房費を削減。また上下・水平の部屋間温度差が少なく快適な室内を実現しており、快適性と経済性を両立します。

<ウォームファクトリーとは>

 『ウォームファクトリー』とは床下蓄熱暖房システムのことで、基礎断熱工法のメリットを活かしてフロア全体に暖かさを伝え、1階全体の温度差が少ない快適な温熱環境を作り出します。一般的な住まいの暖房はエアコンや床暖房が主流です。家の一部は快適な温度を保つことができますが、暖かさの届く範囲は限られるのがネック。このウィークポイントを解消するのが『ウォームファクトリー』です。

<エアファクトリーとは>

 『エアファクトリー』とは床下に設置したシステムにより、外からの空気の浄化を行う「第一種換気システム」。冬場はその空気を暖め、夏場は除湿した上で居住空間に供給。汚れた空気のみを効率的に排出する換気方式(ブーメラン換気)を採用しています。熱交換や除湿・浄化の機能によって、窓を開けにくい日でも気持ちよく過ごすことができ、快適な暮らしを実現します。

加湿システムの追加について

新開発の加湿器を床下に設置。乾燥しがちな冬場に適度な湿度が維持でき、さらに快適で健康的な空気環境を創り出すことが可能となりました。

このページの先頭へ