プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

—工業化住宅の性能を新次元へと進化—
『パルフェ・マスターデザイン2.0』の発売について
■「GAIASS(ガイアス)(特許出願中)による最高等級「3-3-2」の標準化
■鉄骨系住宅として最高水準の気密・断熱性能を標準化
■加湿プラスの「新・あったかハイム」を搭載

2007年9月3日
積水化学工業株式会社
 積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:東郷逸郎)は、10月6日(土)から鉄骨系ユニット住宅『パルフェ・マスターデザイン2.0』を全国(沖縄と一部積雪地域を除く)で発売します。
 当社は「地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいの提供」を事業理念に「環境」「快適」「安心」をキーワードとし、商品開発・住宅供給を進めていますが、今回発売する『パルフェ・マスターデザイン2.0』は、昨年発売して好評頂いた主力商品「パルフェ・マスターデザイン」の耐震性能(安心)、省エネ性能(環境)、空気温熱性能(快適)を一段とバージョンアップした商品です。
 商品名の『パルフェ・マスターデザイン2.0』は、Web2.0(次世代Web、先進的なインターネット技術の総称)のいわば住宅版。新開発ハイブリッド耐震による「GAIASS(ガイアス)(柱と壁で地震エネルギーを2重防御する併用耐震構造)や気密性能C値=2.0cm2/m2を標準化するなど、住まいの性能を新しい次元へと進化させたことから『パルフェ・マスターデザイン2.0』としたものです。

■『パルフェ・マスターデザイン2.0』の特徴

1.耐震性能の進化— 複合型地震動吸収システム「GAIASS(ガイアス)を開発

 セキスイハイムの高い耐震性は、2003年に実施した実大耐震実験で阪神淡路大震災の2倍強の地震波及び最大加速度にも耐えることで実証していますが、『パルフェ・マスターデザイン2.0』では、ボックスラーメン構造に新たに高性能耐力外壁を採用した複合型地震動吸収システム「GAIASS」を開発し(国土交通大臣認定)、耐震性能を一段と進化させることに成功しました。地震に強い住宅とするために免震・制震装置を導入する方法もありますが、装置に頼らずに無理なく地震動を分散させる手法として開発したのが「GAIASS」で、間取りに制約を受けることなく、品確法の最高耐震・耐風等級「3-3-2(耐震倒壊防止、耐震損傷防止、耐風)」を標準仕様で実現します。

2.気密・断熱性能の進化— 鉄骨系住宅では最高水準の環境性能「CLASS2.0」を標準化

 当社では、住宅の気密性・断熱性を「環境性能」と位置づけていますが、『パルフェ・マスターデザイン2.0』では、次世代省エネ基準のC値(隙間相当面積)≦5.0cm2/m2を大きく上回る2.0cm2/m2に進化。さらにQ値(熱損失係数)についても2.05W/2(第1種換気採用は1.88)と鉄骨系住宅メーカー最高水準の環境性能「CLASS2.0」を標準化しました。これにより温熱・空気環境のコントロールが容易となり、1年を通してワンランク上の快適な住み心地が実現。省エネ効果はもちろん温熱快適性(上下の温度差解消)、空気快適性(換気安定性)など室内環境を大きく進化させました。尚、C値については高精度な施工技術をベースとした「邸別性能測定提示システム」により全邸で確認の上お引渡しします。

3.「あったかハイム」の進化— 加湿システムで肌や喉の乾燥を防止

 全館暖房システム「ウォームエアリー」、床下蓄熱暖房システム「ウォームファクトリー」は、すでに58%の採用率を頂いていますが、加湿機能を加えさらに快適性を追求。冬場に適度な湿度が維持できるように進化しました。肌や喉の乾燥防止、ウィルスの抑制などが期待できる健康的な空気環境を創りだすことが可能となります。

※ GAIASS=Globally Absorbed Impact Architectural System by Sekisuiheimの頭文字をとりネーミング。

■開発のコンセプト

 住宅は量が充足し、質の時代に入っています。住生活基本法の施行により今後、住宅の質がより高度化していくのは必至で、住宅の基本性能のニーズは一段と高まることになります。
『パルフェ・マスターデザイン2.0』は、工業化住宅の新しい次元、「次世代」基準のさらに先を見つめた性能の進化を開発コンセプトとし、巨大地震に対する「安心」性能、省エネのベースとなる高い気密・断熱性による「環境」性能、夏涼しく冬暖かい「快適」性能において最高水準を目指しました。

■『パルフェマスターデザイン2.0』の概要

1.耐震性能の進化—複合型地震動吸収システム「GAIASS」を開発(特許出願中)

 『パルフェ・マスターデザイン2.0』は、新開発の複合型地震動吸収システム「GAIASS」を採用しています。建物外周部を覆っている外壁に耐震要素を持たせることで耐震性能は一段とアップ、通常のプランで全邸品確法の耐震・耐風最高等級「3-3-2」を取得することができます。

複合型地震動吸収システム「GAIASS」

 「GAIASS」は、地震力に応じた適度な強度抵抗や粘り抵抗を発揮します。中小規模の地震では高性能耐力外壁による強度抵抗の特性、巨大地震にはボックスラーメン構造の粘り抵抗の特性で地震に耐えるという二重防御の併用耐震構造(ハイブリッド耐震)です。特別な装置を設ける必要なく、複数のラーメンフレーム、複数の高性能耐力外壁により無理なく地震力を分散させて吸収する新しい発想の耐震構造です。
 また、間取りに制約を受けないことからプラン自由度が向上。オープンなLDKや吹き抜け、採光を考えた大開口など思い通りの間取りが実現できます。

<安心の5つの際立ち>
(1)巨大地震をも想定※1
(2)追加の耐震装置が不要※2
(3)住まいの設計が自在※3
(4)全邸に優れた耐震性能※4
(5)耐震診断システム「ユレナビ」の実施
※1 2003年、実大耐震実験では阪神淡路大震災の2倍を超える2112ガルの加速度にも構造体への損傷なし
※2 ベースとなる構造躯体(ボックスラーメン構造+高性能耐力外壁)で最高ランクの耐震性能を実現
※3 追加の装置が不要のためプラン自由度が高い
※4 品確法の最高等級を全プランで標準化

2.気密・断熱性能の進化—次世代省エネ基準を大幅に上回る環境性能「CLASS2.0」を実現

 地球温暖化防止へ住宅の省エネルギー性能強化の要請は年々高まっています。次世代省エネ基準では、C値C値(隙間相当面積)≦5.0cm2/m2(次世代省エネ基準Ⅲ.Ⅳ.Ⅴ地区)ですが、『パルフェ・マスターデザイン2.0』はC値≦2.0c㎡/㎡に進化、さらに断熱性能についてもQ値=2.05W/m2(第1種換気採用は1.88)と鉄骨系住宅メーカー最高水準の環境性能「CLASS2.0」を実現しました。
尚、C値については高精度な施工技術をベースとした「邸別性能測定提示システム」により全邸で測定・提示の上お引渡しします。

3.「あったかハイム」の進化 —加湿システムで冬場の室内乾燥を緩和し、肌や喉の乾燥を防止

 一般的に冬場、暖房で室内温度を上げると相対湿度が低くなり乾燥します。健康・美容面(ウィルスの活性化、乾燥肌)からも乾燥のし過ぎは禁物です。当社オリジナルの全館暖房システム「ウォームエアリー」と床下蓄熱暖房システム「ウォームファクトリー」は、発売からわずか2年足らずで58%の採用率を頂いていますが、そうした声にも応えて、新開発の加湿システムを組み込みました。
 新開発の加湿システムは気化式で、(1)空気の流れにより蒸発加湿するので蒸気式に比べるとランニングコストも安価、(2)室内結露の要因となる高湿状態になりにくい、(3)基礎断熱工法の特性を生かし加湿器を床下に設置するので室内に設置スペースが不要、(4)給水管から自動給水を行うため、お客様による給水が不要などのメリットがあります。

4.省エネと快適性両立の提案システムの進化—「エコロジカル・デザイン」の導入

 地球温暖化を背景に住宅の省エネルギー化は喫緊の課題ですが、住宅検討者にとって快適性の拡大も大きな魅力。この相反する要素を、経済性、環境、快適の最適バランスで提案していくために開発したのが「エコロジカル・デザイン」です。建築前シミュレーションシステム「LCCシミュレーション」(光熱費・メンテナンス費)と「温熱環境シミュレーション」(夏・冬の温熱環境)を「SIM・HEIM(シム・ハイム)」として統合。約1万件の実邸データをもとにこれらシミュレーション結果を基本データとしてお客様の暮らし方や要望に合わせ、「光熱費ゼロを目指す暮らし」「なにより冬が暖かい暮らし」「夏に冷房に頼り過ぎない暮らし」などを提案していくのが「エコロジカル・デザイン」です。

5.LCC発想の進化—「レジデンスタイル外壁」、「レリーフウォール」を採用

 地球環境問題が深刻化し、住宅の長寿命化が環境負荷低減からも重要になってきました。また経済性の面からもメンテナンス費はできるだけ抑えたいというニーズに対応、外壁の再塗装や補修費用を抑えるLCC発想を進化させました。

(1)無塗装の「レジデンスタイル外壁」

「レジデンスタイル外壁」では、目地に新たに「セラミックサンド」を採用。
「セラミックサンド」は、天然砂の表面に陶磁器用無機顔料を特殊加工し、高温窒炉で焼成熔着したもので、退色変色に強く優れた耐候性をもちます。また、建物全体の美観も高め、より高級感が演出できます。

(2)30年以上の耐侯性が実証された「レリーフ外壁」

塗装外壁の長寿命化に挑戦して開発したUVAコーティング塗装。上塗り層に顔料を含まないクリアー塗装と紫外線吸収材で紫外線劣化を抑える効果に対して、太陽光の波長分布での促進実験で30年以上、防水・美観を維持できるこが実証されました。(フロリダ州の屋外集光式促進暴露試験+実曝試験の相関関係を証明)

6.可変プランの進化

 複合型地震動吸収システム「GAIASS」の採用で、間仕切りのない約40畳大の空間が実現します。この大空間には耐力壁がないことから間取りの変更が容易にでき、リフォームの費用も抑えられます。さらにC値=2.0cm2/m2の高気密性能の実現により、快適な温熱・空気環境の下での間取り変更となります。
 このことから、将来の家族の変化に柔軟に対応するとともに、隣居型2世帯可変プランの提案や部屋の1部を賃貸化するなどの用途変更も容易に実現します。

■販売価格と販売目標

 販売価格:3.3m2あたり663千円から(隣居型2世帯可変プラン、220m2
 販売目標:年間5000棟

『パルフェ・マスターデザイン2.0』

このページの先頭へ