分譲住宅・不動産情報

  • 二世帯
  • 冬あたたかく夏さわやか
  • 収納・家事動線の工夫

ほどよい距離感で
交流が生まれる二世帯住宅

茨城県・O様
家族構成:6人(奥様、お母様、長男夫婦、孫2人)

PLAN

建て替えを機に、ご長男家族と同居されることになったO様。セキスイハイムの決め手となったのは、工場を見学して頑丈な構造に“地震への安心”を確信したことと、大容量ソーラーや蓄電池というスマートハイムへの共感でした。新居は、生活スタイルの違いに配慮した分離型の二世帯住宅。上下階に世帯を分け、玄関を共有することで、ほどよい距離感を保っています。両世帯を自由に、元気に行き来するお孫さんたちが親世帯と子世帯の交流を育み、そばにいる安心感をご家族で共有されています。


ご来客が多いため、キッチンとダイニングはゆとりある広さを確保。料理をしながらおもてなしができるよう、対面カウンター型のキッチンを選びました。白を基調にダークブラウンで引き締めた、上品なコーディネートです。

続きを読む

リビングとダイニングの間に飾り棚を設けたことで、それぞれがゆるやかに独立し、落ち着ける空間に。「家じゅうが一定の温度に保たれているので、暑さ寒さを感じません。大空間でも快適に過ごせます」と奥様。

続きを読む

「1日1回は家族で顔を合わせたい」という奥様の想いから、玄関は共有に。ご来客も多いため、贅沢な広さをとりました。両側にたっぷりと収納スペースを設けて、家族6人分の靴をきちんとしまえるようにしています。

続きを読む

子世帯のキッチンは、鮮やかな赤がアクセントとなるアイランドキッチン。お子様たちも楽しくお手伝いをしてくれます。壁一面にパントリー収納を設けたため、モノがあふれることなく、いつもスッキリと美しいキッチンを保ちます。

続きを読む

扉を開けた正面に格子間仕切りを建て、直接ベッドが見えないようにすることで、ホテルのようなくつろぎ感を出した寝室。ダークブラウンを基調とした室内にアクセントクロスで大人の落ち着きを演出しました。

続きを読む
商品 ドマーニ
延床面積 1F 124.96m² 2F 110.33m²
小屋裏 8.77m² 合計244.06m²

写真をシェアする