セキスイハイムの高齢者住宅・介護施設
セキスイハイム
サイトマップ お問合せ 資料請求
サイトマップ
お問合せ
資料請求
実例紹介

市/場/環/境/と/開/設/メ/リ/ッ/ト/

医療・介護の
大転換期を迎え注目される
高齢者住宅

病床削減、ますます増加する要介護高齢者と慢性的な医療・介護の担い手不足。
これらの問題を解く鍵が高齢者住宅です。

デコレーション 病床削減により
行き場を失う高齢者の
受け入れ先としての高齢者住宅

厚生労働省は2025年までに急性期・慢性期ともに病床数を大幅に削減する方針です。これにより急性期病床はさらなる患者の早期退院が必要となり、慢性期病床では行き場を失う高齢者が増加します。
高齢者住宅や介護施設はその受け入れ先としての役割が期待されています。
母体となる医療機関にとっては、

○病床削減による事業縮小の
補完
○在院日数の短縮や在宅復帰率の
向上
○医療と介護のシームレスな
提供

などのメリットがあります。

  • 病床削減と高齢者住宅の必要性
  • 開設メリット
デコレーション ますます増加する住宅の
要介護高齢者「第2の自宅」
としての高齢者住宅

要介護高齢者数は2025年にピークに達すると予測されています。慢性的な施設不足と介護の担い手が不足している在宅介護の現場では、効率的に、質の高い介護サービスを提供することができる高齢者住宅や介護施設を第2の自宅として活用する在宅介護のあり方が注目されています。
介護サービス事業者にとっては、

○新たな介護サービス需要の開拓
○質の高い介護サービスの効率的な提供
○重度化する在宅要介護者への継続的な対応

などの事業展開メリットがあります。

  • 要介護者と高齢化率
  • 開設メリット

地/域/貢/献/・/補/助/金/・/
優/遇/税/制/

地域貢献を
担う高齢者住宅は
補助金や優遇税制を受けられます

デコレーション 在宅介護の今後の主流となる
高齢者住宅は慢性的に不足

高齢化が急速に進み、介護施設が不足するなか、新たな在宅介護の場として、国土交通省と厚生労働省が共同所管になり、高齢者の方々が安心して生活できる住まいづくりを推進するために、2011年に制度化されたのが「サービス付き高齢者向け住宅」です。2025年までに60万戸の整備目標が掲げられるなど今後の成長市場として注目されています。

急激に普及する高齢者向け住宅
デコレーション 補助金、優遇税制

「サービス付き高齢者向け住宅」の供給促進のため、住宅・施設の建設・改修費に対して、国が民間事業者・医療法人・社会福祉法人・NPOなどに直接補助を行います。新築の場合には建築費の1割が支給されます。
(平成29年度サービス付き高齢者向け住宅整備事業)

  • 補助金
  • 優遇税制
次へ
上へ
次へ
上へ

詳しくはこちら