高齢期のリフォーム調査はこちら
PDF [ PDF/107KB ]

本レポートは、健康維持・介護予防リフォーム前とリフォーム後2ヵ月経過時のアンケートを比較し、リフォームの効果を調査したものです。温熱バリアフリーを中心に施したリフォームが、高齢期の生活と身体にどれほど効果をもたらすのか、分析を試みたものです。更には、活動の場として「介護予防デイサービス」を付加することで、暮らしの健康を図った結果も報告します。

PDF [ PDF/570KB ]


高齢期の住まいに関する意識調査はこちら
PDF [ PDF/295KB ]

本調査は、「介護と同居についてのアンケート調査」からさらに一歩踏み込んで、親の介護に伴ってどのように住まいを改善するのか、実施内容や実施率を調査して、介護経験者と介護予定者の相違点を探りました。

PDF [ PDF/233KB ]

60歳前後の方にとっては、自分の老後の住まいをどうするのかと同時に、親の介護をどこで、どのようにおこなうかといった問題に直面します。60歳前後は言わば「親の介護を担う中心世代」。本調査は、中高齢者の「介護と同居」問題にスポットをあてました。

PDF [ PDF/317KB ]

定年退職した団塊世代も、まもなく高齢者(65歳以上)の仲間入り。本調査では、①老後の住まい計画と住まいの重視点(戸建)、②中高年齢層の健康意識やお金についての考え方などの生活意識について調査をおこないました。

PDF [ PDF/299KB ]

日本人の平均寿命が延びるとともに、定年退職後の暮らしも延び、いま、老後の住まいをどうするのかは大きなテーマになっています。平屋派かマンション派か、あるいは…。老後の理想の住まいはどのように変わったのかを調査しました。


高齢期の住替え調査はこちら
PDF [ PDF/192KB ]

これからの高齢期の住まいと暮らしのモデルとしてオープンしたセキスイハイムの高齢者専用賃貸住宅『ハーベストメントIP』。満室になったのを機に、入居者への住み心地調査を実施しました。介護サービスはもちろん、食事提供も行わず、自立をサポートする相談窓口をメインとしたサービスへの支持率も探りました。


 


研究レポート

役立つ知識一覧

お役立ちリンク集

 

サイトの利用について個人情報保護方針利用目的と共同利用に関するご案内

住まいと暮らしの健康学