向こう三軒両隣

「向こう三軒両隣」という言葉が聞かれなくなった。

最近では「向こう三軒両隣」という言葉がほとんど使われなくなりました。 日本国語大辞典には次のように説明されています。
“自分の家の向かい側三軒の家と、左右二軒の隣家。日常親しく交際する近隣の称。古くは隣保制度*の単位でもあった。”
*隣保制度=近隣の数家を組み合わせて治安などに連帯責任を持たせる行政制度。

「向こう三軒両隣」は、いわば近隣世帯の最小単位となる存在です。健全で安心な子育てをお互いに見守りあったり、家事や外出、介助など日常生活の様々な場面でお互いに助けあったりと、家族に次いで接触の多い生活仲間でした。
でも最近、特に都会部では「ご近所づきあい」に戸惑いを感じる人が多くなっているようです。自治会、町内会、婦人会、青年団、子ども会など、地縁をベースにした繋がりが薄まってきたことも影響しているのでしょう。いくら近隣地域に住んでいるとは言え、友人関係でもなく、共通の目的や趣味のために頻繁に顔をあわせる知人でもない人と、連帯感を持ち合うのは苦手な方もいらっしゃることでしょう。

家族に次いで身近な人々とフレンドリーな関係を

でも、近隣住民同士の親しいおつきあいは、生活を快適に、そしていざという時の安心にもつながる大切な存在だというのはよくわかります。最近頻発する犯罪や自然災害に備える上でも、暮らしを営む環境を快適で、美しく清潔に保つためにも、隣人たちとの信頼できる共生関係(コミュニティ)は欠かせません。
日本でコミュニティという言葉が使われだしたのは戦後のこと。人口が急激に増加した都会で、希薄になる人間関係が懸念され、戦前の「隣組」や「講中」(村落社会における寺社を中心とした近隣組織)とは異なった地域住民のつながりを表現するために用いられたのがコミュニティという言葉だったのです。
より範囲を絞り込んだ「向こう三軒両隣」という言葉を思い出して、コミュニティという呼称に置き換えてみれば、もっと親しみやすくなるかも知れません。お隣さんやお向かいさんは、何と言っても家族の次に身近な存在です。ガーデンパーティとまではいかなくても、たまには庭先のテラステーブルで「ちょっとおしゃべりでもしてみませんか」と声をかけあえば、とてもフレンドリーで、いざという時には心強い繋がりを築くことができそうです。
温かい絆を感じあえる5軒のファミリーに包まれる暮らしは、日々の生活をもっと楽しく和やかなものにしてくれることでしょう。

総合カタログ・住宅カタログ ご請求はこちらから
PAGE TOP