共働きの家づくり 5つのポイント

共働き仕様の収納 共働き仕様の収納

押さえておきたい収納の基本 押さえておきたい収納の基本

収納量ではなく、片づけやすさが重要 収納量ではなく、片づけやすさが重要

忙しい共働きはつい雑誌の収納法を見て、すぐ収納用品を買ってしまいがちですが、それでは余計なものを増やす結果に。設計時に出し入れしやすい置き場所や収納法を決めておけば、散らかったとしてもすぐに片づきます。

収納量ではなく、片づけやすさが重要 収納量ではなく、片づけやすさが重要

収納カウンセラー飯田先生が確立した「収納指数」。
ものを使う時の動作を数値化して、収納計画に活用しましょう。
収納指数が少ないほど、「ラク」で「ストレスのない」
よい収納になります。

収納指数 = 歩数 + アクション数 収納指数 = 歩数 + アクション数
飯田久恵 先生
日本収納カウンセラー協会 理事代表
個人や企業に収納カウンセリングを行う「ゆとり工房」代表
結婚後、専業主婦を経験し、子育てをしながら、システムキッチンや
収納家具の設計に従事。片付けの手順を編み出すことに成功し、
「モノが片付く5つのステップ」や「収納指数」を提唱。
ゆとり工房 
http://www.yutori-cobo.co.jp/

共働き仕様の収納ポイント 共働き仕様の収納ポイント

物の指定席を作ると
ダブり買いがなくなる

冷蔵庫の中に肉、魚、卵、牛乳などの指定席が決まっていれば、ある・なしが一目でわかります。ティッシュなどの消耗品も同じ要領で場所を決めて、ストックを増やしません。

収納で重要なのは奥行
収納物に適したサイズに

収納の奥行は深いほうがたくさん入っていいと思っていませんか?実際は収納が深すぎると、奥側のものが見えにくく、出し入れが不便になります。すぐに取り出せる収納を心がけましょう。

収納指数®を
最小限にする

洗濯も台所仕事も掃除も、収納指数®が少ないほどラクになります。収納指数®が少なければ、片づけもラクちん。子どもに片づけのしつけもしやすくなります。

きちっとした収納があれば、
夫も妻も片づけられる

家づくりは収納をそろえる人生最大のチャンス。仕事と家事を両立させるために、家族全員で設計段階からしっかり収納計画をたてましょう。

インテリアは収納を
考えてから決める

多忙な共働きファミリーでは片づけやすく掃除をしやすいことが最優先。見た目優先で買ってしまい、後悔しないモノを選びましょう。

ダイニング回りには
収納が必要

共働き家庭にとって、ダイニングテーブルはコックピットのようなもの。短時間で書類を処理したり、片づけられるように、文房具やプリントなどの収納を、設計のときに確保しましょう。

PRESENT

セキスイハイムの共働きカタログ3冊セットを差し上げます セキスイハイムの共働きカタログ3冊セットを差し上げます

日経DUAL監修
共働き夫婦にうれしいノウハウ満載

共働きのための家作りガイドブック
家づくりのコツや間取り、ローンが
この1冊でよくわかる

1

共働き視点の家づくりノウハウや実例、間取りなど
これからマイホーム計画に役立つセットです。

共働き家族の実例集
実邸サイズの間取りや、
こだわり・暮らしぶりを
ご紹介

2

子どもが賢く育つ家づくりの教科書
今日からでも実践できる、
子育てに役立つコツを
ご紹介

3

カタログ請求 カタログ請求