共働きの家づくり 5つのポイント

家族で家事をシェア 家族で家事をシェア

洗濯は、動線が短いほど ラクになる 洗濯は、動線が短いほど ラクになる

動作が多いほど家事負担になる

洗濯は、洗う・干す・たたむ・しまうと、多くの動作がある作業。
それぞれの作業を1階の洗面室やバルコニー、
寝室などバラバラの場所で行っている人が多いのではないでしょうか。
それでは効率が悪くなってしまいます。
洗濯は動線をできるだけ無駄なく設定することが大切です。

理想は、全部を一つでできる空間に

洗濯は動線をできるだけ無駄なく設定することが大切です。
理想は洗濯機の置き場と干す、畳む、しまう場所を
同じ空間で済ませること。洗濯機がある洗面脱衣室と
多目的ルームをできるだけリビング・ダイニングの近くにすれば、
毎日の洗濯がラクになります。

あなたはどちら派?建てる前に考えよう! あなたはどちら派?建てる前に考えよう!

TYPE A

洗濯機のそばでセット → 干す場所へ移動

洗濯機のそばに洗濯物をセットするための物干しバーが必要になります。一時掛けですが、掛けやすい位置を意識することが重要。ハンガーやピンチハンガーを収納するスペースも必要です。

TYPE B

洗ったら運ぶ → 干す場所でセット

濡れた洗濯物は重いので、洗濯物を取り付けたピンチハンガーを運ぶのは意外と大変。洗濯機が1階でバルコニーが3階など離れている場合は、洗濯物を運んでからセットする方がおすすめ。バルコニー近くにハンガーなどの収納が必要です。

キッチンの使いやすさは、収納の奥行きがポイント キッチンの使いやすさは、収納の奥行きがポイント

大きなパントリーは必須ではない 大きなパントリーは必須ではない

共働き用のキッチンは、まとめ買いや買い置きをした食材のスペースが必要というイメージですが実はそうでもないんです。
忙しい人ほど料理にはそれほど時間をかけず、
すぐに調理に使えたり食べられるもの以外は必要ないのです。
だから、パントリーも必須ではありません。
食材の買い置きスペースは幅80㎝、高さ180㎝、奥行16㎝くらいを目安に。もし奥行が30㎝あったら、前後2列に入れてしまい、
手前のものをどけないと見つけられず、
気付いたら賞味期限切れということも起きてしまいます。

その他キッチンの収納計画のコツ その他キッチンの収納計画のコツ

冷蔵庫は余裕あるスペースを

すぐに食べられるものや調味料を入れる冷蔵庫は、大きめのサイズが置けるスペースを確保しておきましょう。作り置きレシピなどもたくさん作れて家事ラクにつながります。

ゴミ箱はシンクから2歩以内に

ゴミの分別に応じて、ゴミ箱の個数が決まるのでそのスペースを確保。たまったゴミをどこに出すかも一緒に検討しておきましょう。

ワンアクションで取れる所に置く

コンロで使う調味料やフライパン、トング類は、コンロ下や脇に。シンクで使うボウルや包丁、まな板も同じように近くに。隠す収納が好きな人も、すぐ手に取れるような収納を選びましょう。

あなたはどちら派?建てる前に考えよう! あなたはどちら派?建てる前に考えよう!

TYPE A

キッチンに立つのは1人

キッチンの通路幅は1人分でOK

朝食作りは夫、妻は子どもの身支度など、キッチンに立つのが基本的に1人なら、通路幅を広く取る必要はない。

TYPE B

2人でキッチンに立つことが多い

通路はすれ違える幅が必要

キッチンに複数の人が立つのは夜より朝が多い。夫婦で朝食を作ったり、子どもに手伝ってもらいたいなら、通路幅はすれ違えるくらい取るほうがストレスがない。

多目的スペースを作ろう 多目的スペースを作ろう

多目的スペースは用途を限定しない部屋のこと。
子どもの成長に応じて用途が変化し、共働きファミリーにおすすめです。

夫婦の衣類を収納する

夫婦の仕事着などを玄関からリビングの動線付近に収納できると朝の支度や帰宅後にとても便利!

子どもスペース(世話をする、遊ぶ、昼寝する)

子どもの成長に伴って空間に必要な機能は変わるので、フレキシブルに使える場は役立つ。

洗濯物を干す・畳む

極力同じ場所に干す、畳む、しまうの機能を集約できると、洗濯の動線が一気に短縮。

在宅ワークをする

多目的ルームに机を置いて、ワークスペースに。持ち帰り仕事が多い人にも便利。

保育園グッズを収納する

保育園グッズの収納がすぐそばにまとまっていると、朝と帰宅したときの暮らしの流れがラクに。

おもちゃ、子どもの衣類を
収納する

自分で片づけができるように、おもちゃや絵本の収納も整えよう。

キッチンから見える位置に作ろう キッチンから見える位置に作ろう

多目的スペースは、リビング・ダイニングの隣にあってキッチンから見えるのが理想。仕切りを設けないことで、どの場所で作業していても自然と家族のつながりが感じられます。
子どもの遊び場スペースや在宅ワークをする場所など生活スタイルに合わせて自由自在に活用できます。

PRESENT

セキスイハイムの共働きカタログ3冊セットを差し上げます セキスイハイムの共働きカタログ3冊セットを差し上げます

日経DUAL監修
共働き夫婦にうれしいノウハウ満載

共働きのための家作りガイドブック
家づくりのコツや間取り、ローンが
この1冊でよくわかる

1

共働き視点の家づくりノウハウや実例、間取りなど
これからマイホーム計画に役立つセットです。

共働き家族の実例集
実邸サイズの間取りや、
こだわり・暮らしぶりを
ご紹介

2

子どもが賢く育つ家づくりの教科書
今日からでも実践できる、
子育てに役立つコツを
ご紹介

3

カタログ請求 カタログ請求