駐車場経営 一時的に余空間を活用する

将来的な建て替え・収益物件建築の計画があるなら低資金&ローリスクで始められる方法を 敷地の一部をパーキングに

活用していないスペースを、一時的に収益源に変える

■活用方法の一例
現状:ガレージや庭が、空きスペース状態。車は手放したし…庭の管理も大変!
↓
活用すると…:無駄にしていたスペースが、収益源に!プラスαの収入、うれしいね

例えば、こんな方に、こんなメリット

  • いずれ二世帯住宅や収益物件の建築を考えているが、計画実行までまだ時間がある。
  • 駐車場なら低資金で始められ、土地を元通りの状態に戻しやすい。
  • 定年後、ガレージや庭が休眠状態。もったいない!
  • 建物とは異なり、駐車場なら土地の大小に関わらずプランニングが可能。
駐車場経営を考える

遊休地を利用して手堅く収益を上げたいときに考えたい土地活用、「駐車場経営」。初期投資のボリュームや利回りによって、さまざまな選択肢が考えられます。

1.パーキング事業者に土地を貸与する

遊休地を利用して手堅く収益を上げたいときに考えたい土地活用、「駐車場経営」。初期投資のボリュームや利回りによって、さまざまな選択肢が考えられます。

2.パーキング事業者から設備を購入し運営する

土地の整地は自己負担で行い、パーキング事業者から設備のみを購入し経営を行う方法。初期投資と月々の管理費が必要ですが、稼働率が高くなればその分収益が上がるというメリットが。集金・管理・運営を事業者に任せて、収益と安心を両立できる方法です。

3.自身で経営を行う

整地だけでなく、日々の集金・管理・運営まで、すべて自身で行う方法。初期投資と日々の手間が大きくなりますが、駐車料金がすべて収入になるというメリットがあります。幹線道路沿いや駐車場ニーズの高い場所など、好立地の敷地におすすめの方法です。

駐車違反の検挙件数は、年々上昇中。住宅地でも駐車場ニーズは高まっています。

2006年6月の道路交通法の改正により、認定を受けた民間業者が駐車監視員として放置車両の確認業務を行えるように。それにより駐車違反での検挙件数は上昇し、市街地では駐車台数の拡充が実現しつつあります。住宅地においても駐車場ニーズは高く、駐車場のない住宅に住む人や、複数台数を保有している人、周囲の住宅への来客など様々なニーズが考えられます。

駐車場のスタイルによって、評価額が高くなる可能性も!?

駐車場として使用している土地が200㎡以内の場合、相続税評価額は小規模宅地等の特例により50%減となります。ただしこれはアスファルト敷きの場合。砂利敷きにロープを張っただけの“青空駐車場”の場合は小規模宅地等の特例が使えず、自用地としての100%評価となってしまいます。さらに固定資産税も高くなるため、注意が必要です。

二世帯住宅カタログ
賃貸併用カタログ
他の土地活用を探してみる。
ご要望や敷地条件に応じた様々な土地活用方法をご紹介いたします。わが家の資産を守る安心して住み継ぐための土地活用ノウハウブック 今なら無料進呈中