賃貸併用住宅 状況に応じて、賃貸部分と自宅部分とをうまく使い分け

家賃収入でローン返済を賄える。老後の年金サポートにも 安心の賃貸併用住宅に建て替え

将来的な二世帯同居へのリフォームにも柔軟に対応します

■住まい方の一例
入居時:賃貸4戸で家賃収入はたっぷり
↓
将来は:2階をリフォームして子世帯が同居

参照プラン

プランのポイント:動線、視線を完全分離
PLAN DATA 建物床面積:1F床面積:113.62平米(34.4坪)
2F床面積:108.91平米(32.9坪)
延床面積:222.53平米(67.3坪)
オーナー部:100.87平米(30.5坪)
賃貸部:121.66平米(36.8坪)
1室:30.41平米(9.2坪)
賃貸部分間取り:ワンルーム×4戸
太陽光発電システム:13.1kW 搭載可能

例えば、こんな方に、こんなメリット

  • 建て替えたいけど、ローンの返済が心配だ。
  • 家賃収入をローン返済に充てることが可能。老後の年金サポートにもなります。
  • 大切な土地をムダなく活用するいい方法はないものか…?
  • 賃貸利用している部分の土地に対する相続税評価額が下がります。
  • 実家で高齢の母親が一人暮らし。家もかなり古いし、心配だ…。
  • 小規模な土地でも、工夫次第で上手に土地を活用できます。
  • 将来的には二世帯同居も視野に入れている。
  • 可変性に優れているので、将来的な二世帯住宅へのリフォームにも柔軟に対応できます。
賃貸部分の家賃収入で、ローン返済はラクラク さらにBIGソーラーで収益UP
■ローン返済シミュレーション(自己資金0円として)※ このシミュレーションは、上記物件とは異なります。

※ 上記はシミュレーションとなります。実際の家賃を保証するものではありません。税金・諸費用等は含んでおりません。ご契約時には手付金が必要です。
詳しくは、営業担当者にお問い合わせください。

賃貸併用なら、相続時にも有利です

普通の戸建てなら、同居していない子が相続すると相続税の評価減はなし。
しかし賃貸併用住宅なら、子は同居していなくても賃貸経営を引き継げば、減税が適用されます。

父親から相続したとき… 賃貸併用住宅を建てておけば… 用途別に減税が適用
二世帯住宅カタログ
賃貸併用カタログ
他の土地活用を探してみる。
ご要望や敷地条件に応じた様々な土地活用方法をご紹介いたします。わが家の資産を守る安心して住み継ぐための土地活用ノウハウブック 今なら無料進呈中