敷地に賃貸集合住宅を新築 今どきの賃貸住宅で、手入れが大変な敷地を有効活用。

愛着のある土地は売りたくない。税金対策も考えて 敷地に賃貸集合住宅を新築

金融資産から賃貸不動産へのシフトで相続税評価額を圧縮

相続資産として現金と更地とがあった場合、相続税評価額は100%。
しかしそこに賃貸住宅を建築することによって、相続税評価額は約60%に減額することができます。

■賃貸住宅建築による相続税評価額

参照プラン

プランのポイント:アプローチも大切
PLAN DATA 建物床面積:1F床面積:114.51平米(34.6坪)
2F床面積: 114.51平米(34.6坪)
延床面積:229.02平米(69.3坪)
2LDK(小):50.42平米(15.3坪)×2室
2LDK(大):64.07平米(19.4坪)×2室
賃貸部分間取り:2LDK(小)×2戸 2LDK(大)×2戸
太陽光発電システム:18.30kW 搭載可能

例えば、こんな方に、こんなメリット

  • 子供との同居を機に住み替えるつもりだが、先祖代々の土地は残しておきたい。
  • 売却せずに賃貸集合住宅を建てれば家賃収入を得ながら土地も残せます。
  • 親が亡くなった時、相続で大変だったな。子供には負担をかけずに土地を残したい。
  • 固定資産税が1/6に減額。相続税評価額も50%に減額されます。
  • 老後も子供に面倒をかけることなく、子供が暮らしに困らないようにしてやりたい。
  • 安定した家賃収入を確保して、私的年金で豊かな第二の人生を送ることができます。
  • 子供に面倒をかけたくないし、高齢者住宅に移ろうかな・・・。
  • 小規模な土地でも、工夫次第で上手に土地を活用できます。
賃貸の家賃収入で、ローン返済はラクラク
■ローン返済シミュレーション(自己資金0円として)※ このシミュレーションは、上記物件とは異なります。

※ 上記はシミュレーションとなります。実際の家賃を保証するものではありません。税金・諸費用等は含んでおりません。ご契約時には手付金が必要です。
詳しくは、営業担当者にお問い合わせください。

今、人気のサービス付き高齢者向け住宅もそれなりに費用がかかります
■月額家賃 n=2,065件 平均家賃 
:64,178円 ■共益費の概算額/中間値 n=2,065件 平均共益費:19,895円食事の提供サービス:平均月額
42,851円 サービス提供の対価 平均月額25,674円(食事サービスを除く)計15万円くらい必要となることも 賃貸住宅の家賃収入があれば、これらの費用もカバーすることができます。

出典:「サービス付き高齢者向け住宅制度の普及促進事業報告書」一般社団法人 高齢者住宅推進機構(平成25年3月版)

二世帯住宅カタログ
セキスイハイムの賃貸集合住宅経営ガイド 43up.jp
他の土地活用を探してみる。
ご要望や敷地条件に応じた様々な土地活用方法をご紹介いたします。わが家の資産を守る安心して住み継ぐための土地活用ノウハウブック 今なら無料進呈中