HOME > 役立つ知識一覧 > 在宅介護サービス一覧

在宅介護サービス一覧
在宅介護サービスは、大きく6種類の内容から成り立っています。なお、サービスを利用する場合、事前に「介護サービス計画(ケアプラン)」を作成して、計画的に介護をおこなう必要があります。


訪問系サービス

自宅へ介護専門職に訪問してもらって利用できるサービス。

訪問介護
(ホームヘルプ)
ホームヘルパーが自宅を訪問し、食事や排せつなど日常生活上の介護や、調理・洗濯などの生活援助をおこないます。
訪問入浴介護 介護専用浴槽を自宅へ運び、入浴サービスを利用できます。
訪問介護 看護師などが家庭を訪問して、療養上の世話や診療の補助などをおこないます。
訪問
リハビリテーション
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が家庭を訪問し、心身機能の維持回復と日常生活の自立に向けた訓練をおこないます。
居宅療養管理指導 医師・歯科技師、薬剤師などが医学的な健康管理・薬剤管理などについて指導・助言をします。


通所系サービス

自宅から施設へ通うことで利用できるサービス。

通所介護
( デイサービス)
施設に通い、日常生活上の介護や、機能回復のための訓練・レクリエーションなどをおこないます。
通所
リハビリテーション
( デイケア)
介護老人保健施設、病院、診療所などに通い、心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるために必要なリハビリテーションを受けられます。


短期入所系サービス

入所・入居施設へ期間を決めて入所するサービス。

短期入所生活介護
(ショートステイ)
特別養護老人ホームなどに短期間入所し、入浴・食事などの日常生活上の介護や機能訓練を受けます。
短期入所療養介護
(ショートステイ)
医療機関などに短期間入所し、療養上の世話や日常生活上の介護、機能訓練を受けます。


居住系サービス

特定の施設に入居して利用できるサービス。

特定施設
入居者生活介護
介護保険の事業者指定を受けた有料老人ホームやケアハウスなどで生活しながら介護を受けます。


住環境の改善

利用者の自宅を、介護に役立つ環境にできます。

福祉用具貸与 介護用ベッドや車椅子、床ずれ防止用具など、在宅生活を支える用具が借りられます。
特定福祉用具販売 福祉用具のうち、入浴または排せつに使用し、介護の軽減に役立つ用具などを購入する場合、その費用が支給されます。利用者がいったん全額を支払った後、9割が介護保険から払い戻されます。(同一年度9万円まで)
住宅改修費の支給 介護を必要とする方の住居での生活をしやすくするために、自宅への手すりの取付けや段差解消など、住宅改修に対して費用が支給されます。利用者がいったん全額を支払った後、9割が介護保険から払い戻されます。(同一住宅につき18万円まで)


地域密着型サービス

その地域に住む住民だけが利用できるサービス。

夜間対応型
訪問介護
夜間に、ホームヘルパーなどが定期的に家庭を巡回したり、連絡のあった家庭を訪問したりして、介護や身の回りの世話をおこないます。
認知症対応型
通所介護
施設に通い、認知症高齢者に配慮した日常生活上の介護や機能訓練を受けます。
小規模多機能型
居宅介護
身近な地域の施設に通所または短期間入所して介護や機能訓練を受けたり、居宅において訪問介護を受けたりすることができます。また、必要に応じて併設の施設に入所することもできます。
認知症対応型
共同生活介護
認知症高齢者が5~9人の少人数で共同生活を送りながら、家庭的な雰囲気の中で介護や身の回りの世話を受けます。
地域密着型
特定施設
入居者生活介護
介護保険の事業者指定を受けた、小規模な有料老人ホームやケアハウスなどで生活しながら介護を受けます。
地域密着型
介護老人福祉施設
入居者生活介護
常時介護が必要で、家庭での生活が困難な方が入所する、小規模な特別養護老人ホームです( 定員2 9 人以下)。食事や排せつなど日常生活上の介護や身の回りの世話を受けます。


 


研究レポート

役立つ知識一覧

医療保険と介護保険制度
高齢期の住まいと施設一覧
在宅介護サービス一覧
高齢期に関わる専門職の人たち
知って得する福祉用具

お役立ちリンク集

 

サイトの利用について個人情報保護方針利用目的と共同利用に関するご案内

住まいと暮らしの健康学