プレスリリース

プレスリリース一覧へ戻る

賃貸住宅『レトアメゾネット シンフォニースタイル』発売について

  • ■ファミリー層の悩みを解消するメゾネットタイプ
    ■1世帯あたり1.5kWのPVを標準搭載
    ■住まい・暮らしのプロとのコラボレーションパッケージを展開
    ■PV搭載賃貸住宅を探せる専用Webサイトをオープン

2011年10月18日
積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、メゾネット※タイプの2階建て賃貸住宅『レトアメゾネット シンフォニースタイル』を開発、10月28日(金)より全国発売(沖縄・積雪地域除く)します。

当社では2007年にロングバリュー賃貸住宅「レトアシリーズ」を発売。昨年7月には住宅事業参入40周年記念商品として賃貸住宅商品のフラッグシップとなる3階建て「レトアFⅢ」を、今年5月には中階段(パティオ)を採用した3階建て「レトアFⅢパティオ」を投入するなど、シリーズ商品・提案力の充実を図り、賃貸住宅事業を強化して参りました。

今回の新商品『レトアメゾネット シンフォニースタイル』はファミリー層を主要入居者と設定。ファミリー層が賃貸住宅の入居にあたって最も気にする項目の一つ、上下階の音の問題をメゾネットタイプとすることで解消することを目指し、太陽光発電システム(以下PV)の設置や「かげやまモデル」の導入も可能とすることで、経済性や環境への優しさ、子どもの教育にも配慮した商品です。現在の賃貸住宅市場には優良なファミリー向け物件が少なく、さらにメゾネットタイプは希少な存在。『レトアメゾネット シンフォニースタイル』は、オーナー様にとって長期的な安定経営を可能とする点で優位性のある商品と考えています。

『レトアメゾネット シンフォニースタイル』の特徴

1.ファミリー層の悩みを解消するメゾネットタイプ

メゾネットタイプの『レトアメゾネット シンフォニースタイル』は1階と2階で1戸を構成するスタイル。このため、他の住戸との音の問題が起こりにくいのが特徴です。また、内部の階段室周辺に収納スペースを確保することで、ファミリー層からの要望が多い収納量の拡大を図りました。さらに、一般的な賃貸住宅に設置されている外付け階段が不要なこと、タイル外壁等高い耐久性の外装材を採用することで外部修繕費用を大幅に削減できます。

2.1世帯あたり1.5kWのPVを標準搭載

セキスイハイムは、これまでに10万棟を超えるPV搭載実績があります。賃貸住宅についても同様に積極的にPV搭載を進めており、搭載率は契約ベースで7割を超えました。『レトアメゾネット シンフォニースタイル』でも大容量搭載を強化。入居者は一戸建て住宅並みにPVの恩恵を得ることも可能です。

3.住まい・暮らしのプロとのコラボレーションパッケージを展開

「レトアシリーズ」では他の競合物件との差別化を図るため、これまでに隂山英男教授の子育てノウハウを盛り込んだ「かげやまモデル」パッケージの導入を積極的に進めてきました。『レトアメゾネット シンフォニースタイル』では、収納カウンセラーとして著名な飯田久恵氏とのコラボレーションによる「スッキリ!収納大満足パッケージ」を新たに採用します。

4.PV搭載賃貸住宅を探せる専用Webサイトをオープン

PVを搭載した賃貸住宅は人気が急上昇していますが、それを探し出すことは容易ではないのが現状です。そこで『レトアメゾネット シンフォニースタイル』の発売を契機に、環境と家計に優しいセキスイハイムのPV搭載賃貸住宅を探せる専用Webサイト「おひさまスタイル」の運用を開始します。

  • ※メゾネット:集合住宅のひとつで、上下階が内階段で結ばれている住戸形式のこと。

■開発背景と商品コンセプト

賃貸住宅市場ではこれまで、学生向けなど単身世帯向けの方が需要が多く、また投資効率も高かったことからワンルームタイプや1DKタイプの供給量が圧倒的に多いのが実状でした。しかし、近年はファミリー向けの賃貸住宅への注目度が高まりつつあります。需要に対して50㎡を超える良質なファミリー向け賃貸住宅の供給が不足していることが背景にあると考えられます。

一方、賃貸住宅オーナー層の視点で見ると、賃貸住宅の空室が年々増加し、賃貸住宅経営の難しさが増しつつあります。これは、入居者に支持される賃貸住宅を供給しなければ空室を抱えることを表しています。借り手市場が定着した賃貸住宅市場で賃貸住宅経営を成功させるには、まず入居者ニーズを知らなければなりません。

当社が、賃貸住宅に居住中のファミリー層(500名)を対象に行った「2011賃貸住宅の入居者ニーズ実態調査」では今後10年ぐらいの希望する住まい形態は、これからも賃貸住宅派(どちらかといえば賃貸派を含む)は54.4%。「どちらでもよい」28.4%、「どちらかといえば自己所有派」17.2%となっています。これは現在のファミリー層が持ち家取得に強いこだわりが無いことを表しています。また、この中でメゾネット賃貸について、「とても魅力がある」25.0%、「魅力がある」45.6%と回答しております。こうした背景により『レトアメゾネット シンフォニースタイル』の開発と投入を行うものです。

■『レトアメゾネット シンフォニースタイル』の特徴

1.ファミリー層の悩みを解消するメゾネットタイプ

メゾネットタイプの『レトアメゾネット シンフォニースタイル』には6つの訴求ポイントがあります。

<入居者メリット>
入居者メリットとして、(1)特に若年ファミリー層に人気の高いシンプルデザインを採用しました。(2)居室面積は60~90㎡台と十分な空間を確保。1階と2階で1戸を構成するため他の住戸との音の問題が起こりにくく、パブリック空間とプライベート空間を明確に分けることできることも可能。「周りに気兼ねなく暮らしたい」というニーズを満たすことができます。また、(3)住まいづくりの大半を工場で生産するセキスイハイムの特徴による優れた品質により、高い耐震性も確保、安心安全を訴求していきます。

<オーナーメリット>
 オーナーメリットについては、(4)PV発電電力の各戸への配分や共用部での活用、余剰電力の売電などにより、光熱費の節減が可能となります。また、(5)入居者に長く住んでいただける傾向があるのがメゾネットタイプ賃貸住宅の特徴の一つであり、長期安定経営に繋がります。また、一般的な賃貸住宅に設置されている外付け階段が不要であるため、狭小敷地でも居住空間を大きくしやすいスリムプランを用意し世帯数を確保します。さらに、(6)タイル外壁等高い耐久性の外装材を採用することで外部修繕費用を大幅に削減できるなど、イニシャルコストを含めた総コストの点でも優位性が高く賢い選択といえます。

2.1世帯あたり1.5kWのPVを標準搭載

セキスイハイムは、これまでに10万棟を超えるPV搭載実績があります。賃貸住宅についても同様に積極的にPV搭載を進めており、搭載規模で建物1棟につき平均8.5kW、搭載率は契約ベースで7割を超えました。『レトアメゾネット シンフォニースタイル』は、1世帯あたり1.5kWのPVを標準搭載。入居者には光熱費削減、オーナーも家賃のアップというメリットを享受できます。屋根上スペースに余力がある場合にはオーナー用のPVを追加設置することで、入居者とオーナーそれぞれに配分する手法など様々なスタイルへの対応も可能です。これらは大容量PV搭載を可能とするフラット屋根が主流のセキスイハイムの強みでもあります。

3.住まい・暮らしのプロとのコラボレーションパッケージを展開

今回の入居者意識調査で賃貸住宅選びの重視点を見ていくと、間取り・部屋数・採光と言った基本条件に加え、収納(量・使い勝手)や防犯、子供室・デザインなど入居者の求めるものは多様化していることが判ります。長期入居者確保のためにはこれらに対応していくことも今後の賃貸住宅には不可欠な要素となってきます。

そこで『レトアメゾネット シンフォニースタイル』では昨年発売し、子育てファミリーに絶大な支持を頂いた『レトアかげやまモデル』に続き、主婦層の不満が多い収納についてもプロとコラボレーション。賃貸住宅の不満点をセールスポイントに転換することで他の賃貸住宅との差別化を図ります。

今後はこれら以外にも様々な外部プロとコラボレーションを行っていくことで、「ライフスタイル実現賃貸」として入居者のファン化を行っていきます。

(1)子育て入居者をターゲットとした「かげやまモデルパッケージ」

昨年発売した「レトアかげやまモデル」ですが、教育に関心の高いママを中心に好反響を頂いています。今年6月に東京・新宿で行ったイベントのアンケートでは、オーナーの関心度としては「興味がある」(どちらかといえば「興味がある」も含む)との回答が96%、入居者の関心でも「興味がある」(同)が80%となっていました。さらに「かげやまモデル」の採用による家賃のアップ許容については、「5,000円までなら」が33%、「1万円までなら」が50%となっていました。『レトアメゾネット シンフォニースタイル』でもプランの拡充を図っていきます。

(2)収納の悩みを解決する「スッキリ!収納大満足パッケージ」

賃貸住宅を選ぶ上で、間取りや部屋数などとともに上位に来るポイントが、「収納量」や「収納の使い勝手」です。いわば定番の悩みですが、それを解消するため『レトアメゾネット シンフォニースタイル』では、収納カウンセラーとして著名な飯田久恵氏とのコラボレーションを実現しました。特に散らかりが気になるリビング・ダイニングには「リビング収納」を用意することで、暮らしの道具のほとんどを収納でき、また出し入れにかかるアクション数も減らすことで片づけしやすいため、きれいな状態が維持できます。

入居者の確保はもちろん、その入居者に長期間にわたってお住い続けていただけるという点で、他の賃貸住宅との差別化、競争力を確保できます。

飯田久恵先生プロフィール
「整理・収納のパイオニア」として収納コンサルティングを行う「ゆとり工房」代表。創業以来、収納の法則を指導できる新職種「収納カウンセラー」を確立し、収納カウンセリングを開始。片づけやすさを数値であらわす「収納指数」の提言など、無理しなくても片づけられる、分かりやすい、シンプルな収納を目指している。『飯田久恵の出し入れ楽チン!クイック収納術』『飯田久恵・収納の法則(ルール)』『頭のよい子が育つ片づけ術』など著書多数。

4.PV搭載賃貸住宅を探せる専用Webサイトをオープン

『レトアメゾネット シンフォニースタイル』の発売を契機に、Webサイト「おひさまスタイル」の運用を開始。ご入居を希望される方々に、PV搭載賃貸住宅を容易に探していただけるようにするのが目的です。

「おひさまスタイル」サイトでは、(1)光熱費削減 (2)CO2削減 (3)電力使用のピークカットに貢献 (4)環境意識・節約意識 (5)火を使わないから安心、という5つのメリットを訴求。より経済的な暮らし方や節電・省エネのコツなどの情報も提供します。これらは当社の戸建て住宅で培ったPV活用のノウハウを賃貸住宅分野で生かし、また競合物件との差別化を図るものです。

■販売価格/販売目標

販売価格は、3.3㎡あたり49万円台から(ファミリータイプ 3世帯延べ床面積196.9㎡、1世帯あたり65.6㎡のモデルプラン。1世帯あたり1.5kWのPV設置費用を含む)。
販売目標は、2011年度100棟を計画しています。

■PLAN例および外観イメージ

このページの先頭へ