V to Heim

電気自動車との連系でさらに安心
ハーベストメント V to Heim(ブイ トゥ ハイム)

電気自動車への充電と、建物への電力供給が可能なシステムを搭載。

  • 『ハーベストメントV to Heim』は、「EV用パワーコンディショナ」と「太陽光発電システム」を標準搭載し、電力会社の電力網に系統連系できるV to H (Vehicle to Home)システムの高齢者住宅です。電気自動車への充電と電気自動車から高齢者住宅への電力供給が可能です。

    ※ V to H(Vehicle to Home)とは
    電気自動車(EV)のバッテリーに蓄えたエネルギーを建物の電力として利用できるシステムのこと。「V2H」と表記することも。

電気自動車を最適活用。

  • 施設長様の日頃の営業活動や、スタッフ様の日常の生活支援サービスに電気自動車が活躍。電気自動車は走行中に排気ガスを出さないため環境にやさしく、また、ガソリン車に比べて燃料代を削減できます。

    • 電気自動車の活用で燃費代を節約。
    • 給油所へ行く手間が省ける。
    • 走行中に排ガスを出さない。

災害時・非常時にも電気自動車で安心。

  • 電気自動車は万が一、ガソリン供給が滞ったとしても、混乱を最小限に防げることから注目されています。また、大規模な停電が発生した際、日中は太陽光発電システムで発電した電力で、テレビの災害情報を視聴したり、電気自動車に充電することができます。

    • 災害発生後に燃料供給が止まっても
      太陽光発電からの電気でクルマが使える。
    • 停電時の夜間も電気自動車から
      共用部へ電力を供給することが可能。

皆様からのお問い合わせについては、以下の窓口よりお受けしております。
お気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求