セキスイハイムの高齢者住宅・介護施設
セキスイハイム
サイトマップ お問合せ 資料請求
サイトマップ
お問合せ
資料請求
実例紹介
サービス付高齢者向け住宅
ほがらかライフ

実例紹介


高知県 高知県

ほがらかライフ

医療法人 仁智会 さま


ほがらかライフ
建物概要
建物概要
■総戸数18戸
■延床面積995.62㎡
 1階床面積521.32㎡
 2階床面積474.30㎡
■所在地高知県安芸郡
■事業タイプサービス付き高齢者
向け住宅
居宅介護支援
訪問介護
託児所

太陽光発電システムを採用し、環境と経済性を両立。
さらには介護予防
にも配慮

フラットルーフのメリットを最大限に活かして大容量の太陽光発電システムを搭載した「ほがらかライフ」。共用部の光熱費を軽減するとともに、環境にもやさしい住まいを実現しています。
また、広い床下空間には、床下蓄熱暖房システム「ウォームファクトリー」も設置しているため、通常の床暖房と違い、共用部を含めて1階全体を暖めることにより建物全体が暖められます。
住戸内の温度差も低減し、快適な住み心地を実現しているため、高齢者に多い脳卒中の原因となるヒートショックの発生が軽減でき、介護予防にもつながります。

「ほがらかライフ」は
「国土交通省 平成21年度 第1回高齢者居住安定化モデル事業」に
採択された「介護予防と自立支援につながる高専賃」に則った住宅です。

ほがらかライフ

健常な方から要介護の方まで幅広く住める高齢者住宅

廊下を挟んで両側に住戸を配置した中廊下式のプランです。建物として単にバリアフリーを実現することだけでなく、できるだけ自立して暮らしていけるように住環境を整えました。また、同じ建物に住まう仲間が気軽に交流できるように、2階にラウンジも確保。さらに、働くスタッフさまを支援するために託児所も併設しています。

間取り

できるだけ長く
「自立」して暮らせる住環境を提供

居室は全戸、高齢者が一人で暮らすには十分なゆとりある32㎡を確保。ご家族が一時的に同居される場合にも対応できる広さです。介助が必要な方でも自室で入浴したり、自分で調理ができなくても家族が調理して食事ができるように、自室内には浴室やキッチンも完備。できるだけ長く自立して暮らせる環境を整備しています。

ほがらかライフ

〔居室〕間仕切りなどの障壁が少ないバリアフリー設計の居室。家具の配置によって多様な過ごし方ができるワンルームタイプです。

ほがらかライフ

〔ウォームファクトリー〕広い床下空間に、床下蓄熱暖房器を設置することで、1階の床全体をあたためます。

〔ミニキッチン〕火災の心配がなく、安全で掃除もしやすいIHヒーター。

ほがらかライフ

〔サニタリー(3枚引き戸)〕トイレ、洗面所、脱衣室、浴室を一直線に配置したサニタリースペース。水回りをひとまとめにすることで、自立した生活を継続しやすくなります。

ほがらかライフ

〔玄関(廊下側/居室側)〕バリアフリー設計はもちろん、十分な開口幅と開け閉めしやすい引き戸を採用した玄関。居室側には、シルバーカーや車イスも置ける広さを確保しています。

ほがらかライフ

ほがらかライフ
事業者さまの声

太陽光発電+蓄電システムの採用で、
非常時も安心な高齢者住宅を

住まわれる方とご家族に安心感をお届けすること。それが私たちの使命だと考えています。
もともと同一敷地内に診療所や老人保健施設があり、いざという時も安心して暮らしてただけるよう環境を整えています。さらに「ほがらかライフ」には、非常時の共用部の電源確保のために「7.2kWhの蓄電池」を設置しております。大地震とは無縁でいられない土地柄、蓄電池は必要不可欠だと考えています。
電気が絶たれることは、高齢者にとって致命的です。太陽光発電と併用で数日はしのげるそうなので、冬場の寒い時期に暖房器具が使えない、温かい食事が用意できないといったリスクも軽減されそうです。
こうした非常時での活用だけでなく、太陽光発電は光熱費の軽減に役立ちますし、蓄電池の併用でさらなる省エネ効果が期待できます。
また、私どもの住まいの特徴としては、蓄熱式床下暖房システム「ウォームファクトリー」を設置することで、「暖差」の少ない住まいを実現しています。ご入居者さまだけでなく、スタッフからも、快適に仕事ができると好評を得ています。
セキスイハイムさんには設計から設備の選定までいろいろと注文しましたが、真摯に対応いただき、大変満足しています。

ほがらかライフ

吉本智子さま

医療法人 仁智会

はまうづ医院院長

兼 介護老人保健施設

ヘルシーケアなはり施設長

ほがらかライフ ほがらかライフ

前へ 次へ
上へ
前へ 次へ
上へ

詳しくはこちら