土地と法律のこと 敷地について

「よい土地」の条件は人によって違います。自分に合った「よい土地」とはどんな土地なのでしょうか。

方角や地形がよい、間口が広い、広い道路に面している、道路との高低差がない、駅から近い、住環境がよいなど、「よい土地」の条件はいろいろ。しかし、それは一般論です。
「よい土地」は、ライフスタイルや価値観によって変わってくるもの。
たとえば、通勤や日常の移動がクルマであれば、多少駅から遠くても問題ないという方もいます。
北側のデメリットを、家づくりでカバーして(南向きの土地よりも)広い庭を手に入れるなど、視点を変えてみると、いろいろと見えてくることがあります。
一般的な評価だけではなく、それぞれのライフスタイルや価値観にあった土地を選ぶことが、自分にあった土地探しのポイントなのです。
土地選びの要素について、ご家族でいろいろと相談して、「これは絶対に譲れない」「これよりこちらの方が優先順位は上」などなど、みなさまの土地選びの基準を明確にすることをおすすめします。

土地の状態を把握しましょう

せっかく、家族のライフスタイルに合った土地が見つかっても、地盤が弱く、水はけが悪い土地では、家を建てたあとに、大変なことになりかねません。
土地の状態は、その土地固有の性質であり、あとから変えることはできませんから、他人任せにしないで、必ず自分で確認してください。
土地の状態のチェックポイントは、主に4つあります。

土地選びの4大チェックポイント

土地選びで気をつけたいポイントは主に、4つ。
形状と方向、地盤、水はけ、災害時の危険性です。
長く安心して暮らすためにもぜひチェックしておきたい部分です。
それぞれのチェックポイントをご紹介します。

【チェックポイント1】 形状と方向

「なるべく変型していない方がいい」「間口は広い方がいい」「南・東南向きがいい」ということは、どなたでもご存じのハズです。しかし、正方形・長方形などに整形されていて、南・東南向きで、接道が広い土地というのは、なかなか見つからないのが現実で、見つかっても人気があり割高になります。 それぞれのメリット、デメリットを理解して、自分に合った形状と方向を選びましょう。

【チェックポイント2】 地盤

河川敷や沼地・水田などを埋め立てた造成地や、傾斜に盛り土をして作られた造成地は、地盤が軟弱なケースがあります。
家を建てる前には、正確に地盤の強さを測定しますが、場合によっては地盤改良をする必要があり、そうなると当然その分の費用が必要となります。地盤調査をする専門の会社もありますが、一般的に個人では購入前にそのような会社に調査を依頼することは、難しいでしょう。
しかし、最低限そこが以前はどのような土地だったのかを調べておきましょう。各行政から出ている地図で確認できます。

【チェックポイント3】 水はけ

水はけが悪い土地は、台風や大雨の際に、水があふれ出てしまうことがあります。
最近の異常気象ともいえるような、集中豪雨などが突発的に発生したら・・・。
いざ、そのような時になっても困らないように、実際に雨の日に足を運び、土地周辺の側溝の整備具合・周辺の水はけ状況等を確認しましょう。
できれば、雨の日にその土地へ足を運び、確認してみることをおすすめします。

【チェックポイント4】 災害時の危険性

土地が崖の下に位置していたり、近くに大きな川があると、台風や大雨、地震などの時に被害を受ける可能性があります。
自然災害は、いつどこで発生するか分かりません。
その土地の近隣をはじめ、ある程度広い範囲で、過去の台風や地震時の状況を調べておきましょう。

他人任せにしないで、必ず自分で確認してください。

セキスイハイム各社は事前に災害時の危険性をはじめ、地盤や水はけなどを、専門的に調査・確認して、現状把握と必要な場合は対策を講じています。
逆にそのあたりに関して、質問をしても明確な答えができない会社は、避けるくらいの気持ちが必要かもしれません。

周辺環境のチェックも忘れずに

近い将来、近くに高いビルが建ったり、平日と休日で状況が極端に異なる土地は避けたいものです。
また、その土地の周辺環境が、自分の家族やライフスタイルに合うかどうかは、自分しかわからないことです。
希望に合う土地が見つかったら、面倒だと思わずに、何度でも、自分の足でチェックしても、決してしすぎることはありません。

快適に暮らせる土地柄かどうかを確認しましょう。

休日は静かでも、平日は周囲の騒音が大きかったり、クルマの通行量が多かったりする土地は比較的多いようです。
近くに大きな工場などがないかどうかをはじめ、周辺道路の通行量動向や人の流れ、人通り、陽当たりなどを、曜日(平日と日曜日など)と時間(午前と午後など)を変えて、また晴れの日と雨の日のそれぞれに、必ず自分で確認しましょう。

土地柄

周辺の利便性を確認しましょう。

土地柄だけでなく、周辺の利便性も知っておきましょう。たとえば、銀行や郵便局、市役所や区役所、学校、病院、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど。場所のほか、営業時間なども確認してみましょう。

確認の際は、実際に通勤や通学に使う公共機関を利用して移動してみてください。
街灯や夜間の人通り・流れ、バスの最終時間やタクシー事情なども確認しておくと安心です。
家はリフォームなど、後から手を加えることができますが、土地や周辺環境は自分の力ではどうにもならない部分です。
失敗しない土地選びのためにも、他人に任せず、自分で歩いてしっかり確認しましょう。

周辺の利便性

きっと、役立ちます!家づくりの参考資料プレゼント 商品カタログや事例集、間取りやインテリア‥などたくさんの資料から選べます。詳しく見る

週末は家族そろってこの商品の展示場を見に行きませんか? 全国の展示場を探す

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.