良い家づくりのポイント 家の工法

住みたい家や業者選びをする前にチェックしたい工法の特徴。家族に必要な快適性やこだわりを見極められます。

工法から考える住まいの形

一戸建ての住まいの工法は、木質、鉄骨など部材によって異なるほか、工期やコスト、耐震性、耐久性の高い家など、こだわりの性能から探すこともできます。工法によって性能に差があるので、しっかりと確認しておきたい部分です。また、施工業者によって扱う工法が違うので、工法選びは業者選びの際の目安にもなります。

鉄骨系住宅の特長

鉄骨系住宅とは、軽量鉄骨または、重量鉄骨を主要構造材に用いて建てられる住宅です。
プレハブ住宅は主に軽量鉄骨です。鉄骨系住宅の構造は2種類あります。

鉄骨系住宅の特長

軸組構造

軽量または重量鉄骨の柱、梁を使って構造体をつくり構造強度が高いといわれています。
部材は工場で生産されますが、建築工程の大半は現場作業が中心です。

ラーメン構造

柱と梁で構成された骨組構造で、柱により空間を支えているため、フレキシブルな平面計画を行うことができ、鉄骨、RC、SRC構造に適しています。
ラーメン構造には主に2種類の工法があり、それらは主に工業化(プレハブ)住宅と呼ばれています。

ユニット工法

軽量鉄骨のフレームを箱型に溶接した構造体が基本。
ユニットごとに工場でつくり、現場で連結して完成させる工法です。品質・強度に優れ、現場工期が短いのも特長です。

現場組みラーメン工法

ユニット工法と同じく、鉄骨のフレームを箱型に溶接した構造体が基本。
施工現場で溶接作業をし、ラーメン構造体を組みます。

木質系住宅の特長

木質系住宅とは、木材を主要構造材に用いて建てられる住宅です。木質系住宅の構造は2種類あります。

木質系住宅の特長

軸組構造

角材や板を使用して、木の柱と梁で家を縦横に組み上げ、筋交いを入れて強度を保ちます。
軸組構造には、在来(軸組)工法があります。

在来(軸組)工法

日本の伝統的な工法で、専門技術に基づき、ほぞやみぞ、継手などの複雑な組み立て方をしなくてはならないため、熟練した技術を必要とします。

壁式構造

壁・床・天井のパネルで家を構成し、耐力壁によって強度を確保する柱を使わない構造です。
壁式構造には、主な工法が2種類あります。

2×4・2×6工法

北米から輸入された木造住宅です。
2×4材が家全体の使用率の50%を占めることから、ツーバイフォーと呼ばれるようになりました。(2×6材を外壁のランバーに使用した場合は2×6工法と呼ばれます)

2×4・2×6ユニット工法

2×4や2×6工法と住まいの大半を工場で生産するユニット工法を組み合わせ、高い工業化に成功した積水化学独自の工法です。
耐震性・気密性・断熱性に優れており、標準現場工期が短いのも特長です。

パネル工法

柱を使わず、パネル式の壁を耐力壁とした工法です。壁・床・天井の面で家を構成しており、気密・断熱性能に優れています。

その他に知っておきたい工法

住宅は、構造材に鉄骨、木を用いたものが一般的ですが、その他構造材にコンクリートを用いた住宅もあります。コンクリート系の工法には、現場打ち工法とパネル工法があります。

現場打ち工法造

構造体を構成する部分に鉄筋を配し、そのまわりに合板で型枠をつくり、そこにコンクリートを流し込んで一体化する壁式工法です。
コンクリート打ちは現場で行います。耐久性に優れていますが、コンクリートにより家自体が重くなるため、大がかりな基礎工事が必要になります。

パネル工法

工場で生産されたコンクリートパネルを現場で組み立てる壁式工法です。
コンクリート系プレハブ住宅に利用されます。現場打ち工法同様、耐久性に優れていますが、コンクリートにより家自体が重くなるため、基礎工事が大がかりになります。

きっと、役立ちます!家づくりの参考資料プレゼント 商品カタログや事例集、間取りやインテリア‥などたくさんの資料から選べます。詳しく見る

週末は家族そろってこの商品の展示場を見に行きませんか? 全国の展示場を探す

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.