住まいをイメージするための基礎知識 家相

住まいをさらに快適にする家相。

家相とは、古人の知恵を集めたもので、目的は、住む人が幸せになれる良い家・良い環境を作ること。
家の位置や向き、また、間取りなどから、その家をどのような形で建てれば、家に幸運を呼び込めるのかを考えた家づくりの知識です。
家相には、日本の気候・風土にあった家づくりの基礎が活かされています。
また家相では、光と風を取り入れ、暑さ寒さを防ぐ先人たちの知恵を活かした家づくりが、家族の幸せな暮らしにつながると考えられています。
家相の中には、迷信も数多くありますが、あまり細かい部分を考えすぎず、効果的なものを間取りに取り入れましょう。
現代の住宅事情に合わないものも少なくありませんが、暑い南西は食べ物が腐りやすいので台所には向かない、など理にかなった知恵もいろいろ。上手に取り入れることで、暮らしやすさが高まります。
ここでは現代の家づくりに役立つ家相をご紹介します。

間取りに取り入れたい家相

□南向きの家は、西座敷東に庭が吉
朝から日が入り、夏は南東の風が涼しく、冬は北西風を防いで暖かい家になります。
□門から玄関がまっすぐな家は凶
前の道路から家の中が丸見えで、玄関前の風情も乏しくなるというのが理由です。
□南北の風通しは吉
東から南西の窓は大きく開け、南に窓を設けるときは、北にも開口部を設けましょう。
□北東・南西に出張りがあるのは凶
日当たりと風通しの邪魔になるため、一般的に凹凸が多い家は住みにくく経済性も悪いとされます。
□床が高い家は吉
床下の風通しがいいと湿気がこもらず、健康によい家になります。
□南に軒・疵あるは吉
特に南の窓に設けると、夏の日ざしを避け、雨のときも窓を開けて風を採り込めます。
家相

家相はあくまでも住みやすい家の目安

家相をチェックするには、家の中心に、家相吉凶図を合わせます。玄関部分は、玄関のある方角に合わせます。

家の中心は、間取りを切り取って、先のとがった棒にのせてバランスが取れた部分です。
極端なL字型など、バランスがうまく取れない間取りは、家の中心が外にあると考えられます。
家相上は、それだけで凶相となり、良くないことといわれています。

しかし、敷地の事情などによって、万全を期すことができない場合も少なくありません。そのような場合は、こだわりすぎず、家相上いかにして吉相を多く取り入れて、凶相の少ない配置にするかを考えてみることをおすすめします。

家相吉凶図

きっと、役立ちます!家づくりの参考資料プレゼント 商品カタログや事例集、間取りやインテリア‥などたくさんの資料から選べます。詳しく見る

週末は家族そろってこの商品の展示場を見に行きませんか? 全国の展示場を探す

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.