住まいをイメージするための基礎知識 間取り・内観

家の快適性を左右する間取り。暮らしやすい 間取りのポイントについて考えましょう。

家の快適性を大きく左右する間取り。
実際、間取りがよければ、敷地が狭くてもゆとりある暮らしをおくることができます。
快適な暮らしを実現する間取りのチェックポイントとは?
また、併せて内観イメージの探し方もご紹介します。内観イメージを膨らませることで、家族の暮らしを快適にする間取りも見えてくるはずです。

図面の見方を確認する

間取りを考えるために確認するのが、図面です。
住まいの間取りに関する情報がわかる図面は、配置図・平面図・断面図・展開図・詳細図・矩形図・建具図などいろいろありますが、主には平面図で確認します。平面図がいわゆる間取り図といわれる図面です。
平面図からは、各部屋、階段、廊下配置や柱の位置がわかります。部屋の位置などを確認したら、次に家族の生活動線、家事動線などを検討しましょう。

家族の生活動線を確認する

平面図で確認しておきたいのは、動線。
動線とは、家の中を人がどう動くかという経路のことです。
例えば、台所仕事をしながら、洗濯もしたい場合は、洗濯機置き場と行き来をしやすいように動線を考えておくと、家事がしやすくなります。
家事動線のほかにも、家族のライフスタイルを考えながら、動線を確認することで、間取りがより現実化してきます。
出入り口や廊下の位置などは家族の動線を考えて決めると、移動がスムーズになります。
家の中での移動は毎日のことなので、間取りが悪いと家の中の移動がしづらいだけでなく、ストレスの原因にもなりかねません。
意外と大事な動線。間取りからしっかりと考えましょう。

家事動線は、調理する、片づける、洗濯する、干す、掃除するといった家事を行うときに、人が移動する動きを追ったもの。家事動線を考えて設計すると家事の効率がアップするといわれます。

家事動線のほかに、家族の日常の動線を考慮した生活動線、お客様が来たときの来客動線があります。家の中での移動は毎日のこと。動線を間違えるとストレスにもなりかねないのでしっかり考えたい部分です。


内観イメージを膨らませる

間取りと同時に室内のイメージも具体化していきましょう。
イメージは、外観と同様、大きくは和風、洋風の2本柱を中心に、軽快、重厚のテイストから、暮らしたいイメージへと近づけていきます。
外観が決まっていれば、外観に合わせたイメージが統一感があってよいでしょう。
動線と連動して内観イメージを膨らませることで、イメージが具体的にまとまっていきます。

内観イメージのマトリックス図

きっと、役立ちます!家づくりの参考資料プレゼント 商品カタログや事例集、間取りやインテリア‥などたくさんの資料から選べます。詳しく見る

週末は家族そろってこの商品の展示場を見に行きませんか? 全国の展示場を探す

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.