ライフスタイルの変化に合わせた家づくり 車椅子で暮らす住まい

車椅子の方にはもちろん、介助者も安心して移動ができる安全な住空間です。

身体の不自由な方にとって車椅子は大切な移動手段です。ゆとりをもってスムーズに室内を動けることでストレスも軽減されます。
車椅子で暮らせる家づくりは、福祉住環境コーディネーターの資格を持った設計士にアドバイスをもらうと安心です。
また、現在車椅子を必要としていない場合でも、車椅子を使用することを想定して廊下や間口を広めに確保しておく、可動式間仕切りなどを利用して、室内の空間を変えやすくしておくと、将来車椅子が必要になった場合に慌てずにすみます。
いざというときに安心で、長く快適に暮らせる空間づくりの秘訣をご紹介します。

段差のないバリアフリーにすると動きまわりやすくなります

床は全室段差のないバリアフリーにすることで、車椅子でも自由に動きまわることができます。
室内だけでなく、住まいの中を動くことで、視野も広がり、気分も高まります。
段差のない床は、車椅子の方はもちろん、お年寄りや小さい子どもなど、家族みんなに安心、快適な仕様です。

車椅子の場合、少しの段差でも移動に負担がかかるので段差がないことでストレスが軽減されます。

車椅子でもスムーズに上下階への移動ができるようにしましょう

上下階への移動を助けてくれるのは、ホームエレベーター。
大型のエレベーターなら大人3人が乗車できるほか、車椅子と一緒に介助者も移動できるので安心です。
車椅子だけでなく、足腰の弱い方や小さな子どもの移動もホームエレベーターならスムーズ。体に余計な負担がかかりません。

身体が不自由な方をはじめ、お年寄りや小さい子どもの移動も安心です。

車椅子の移動がしやすい広さを確保しましょう

車椅子の幅は一般に780mm以上といわれています。回転する場合は、半径1800mm程度あればよいのですが、車椅子利用者の身体能力によって必要なスペースが変わってくるので、高齢者や片手で操作する場合はもっと広い空間が必要になります。
ドアは、開き戸の場合、車椅子での利用は困難。引き戸の場合、比較的身体の動きが少なくても開くことができます。引き戸に変更することで、狭い場所でも介護がやりやすくなります。
意外と動きの多い場所である浴室やトイレは、間口や廊下の幅は少し広めにとっておきましょう。
元々車椅子で使用することを考えていない浴室やトイレの場合、簡単に空間を広げるわけにはいきません。そんな場合は、ドアを引き戸にするだけでも、空間に広がりが生まれます。
また浴室は、寝室の介護動線にリフトを取り付けることで、浴槽からの昇降や居室から居室への移動がラクになります。

室内リフトをつけることで入浴時の昇降や移動がラクになります。浴室内には手摺を設けることで安全性が高まります。

<主な車椅子動線>

主な車椅子動線

車椅子にやさしい設備・仕様を確認しておきましょう

床は全室段差のないバリアフリーにすることで、車椅子でも自由に動きまわることができます。
室内だけでなく、住まいの中を動くことで、視野も広がり、気分も高まります。
段差のない床は、車椅子の方はもちろん、お年寄りや小さい子どもなど、家族みんなに安心、快適な仕様です。

<車椅子にやさしい空間設計ポイント>

玄関、アプローチ
  • ■玄関までのアプローチ動線はなるべく長く取りましょう。
  • ■玄関やアプローチには将来段差解消機がおけるスペースを確保しておきましょう。
  • ■万一の場合の非難経路を確保しておきましょう。
  • ■玄関框には手摺が設置できるようにしておきましょう。
  • ■玄関・ポーチは十分な広さを確保しておきましょう。
  • ■玄関のステップは蹴上は150mm以下を目安に緩勾配にしておきましょう。
寝室
  • ■1人8畳、夫婦12畳目安に十分な広さを確保しておきましょう。
  • ■トイレは近接させておくと安心です。
  • ■外部へ直接出られる開口を設置しておきましょう。
  • ■通風や換気に注意しましょう。
トイレ
  • ■できるだけ正面入りの形状は避け、横入りにしましょう。扉は3枚引き戸がおすすめです。
  • ■手摺を設置しましょう。
  • ■介護が必要になったときに備えて、介護スペースが取れるように計画しておきましょう。
  • ■緊急通報装置をつけておくと安心です。
  • ■廊下や居室などとの温度差がないように気をつけましょう。
キッチン
  • ■IHクッキングヒーターなど、安全性の高い器具を選択しましょう。
  • ■I型、L型オープンなど、なるべく行き止まりをつくらない配置計画にするなど、動線に配慮しましょう。
  • ■シングルレバーや昇降収納ラックなど操作しやすい機器を選びましょう。
通路・建具
  • ■間取りは、オープンプランを活用し、クランクや廊下をなるべくつくらないようにしましょう。
  • ■コーナーや通路は面取りして安全性を確保しておきましょう。
室内環境
  • ■ヒートショックが起こらないように住宅内で温度差をなくしましょう。
  • ■通常の明るさより1.5倍を目安に十分な明るさを確保しましょう。

きっと、役立ちます!家づくりの参考資料プレゼント 商品カタログや事例集、間取りやインテリア‥などたくさんの資料から選べます。詳しく見る

週末は家族そろってこの商品の展示場を見に行きませんか? 全国の展示場を探す

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.