ライフスタイルの変化に合わせた家づくり お年寄りと暮らす住まい

いつまでも安心して暮らせる住まい。それはお年寄りだけでなく、家族みんなにとっても安全で快適な空間です。

年を取ると、日常の些細な動作が不自由になってきます。
お年寄りと暮らす住まいには、安全性に配慮して、段差のない床や、手摺などを備えておきたいものです。
お年寄りが安心して暮らせる住まいは、子どもをはじめ、すべての人にやさしい住まいでもあります。
また、加齢などによって変化する体調に関わらず、ずっと快適に暮らすために可動式収納で室内の広さを変えられたり、手摺を設置できたり、車椅子が通れる通路幅を確保しておけることも、長く快適に暮らすためのポイントです。
お年寄りはもちろん、家族みんなにやさしく、将来の不安を解消してくれそうな住まいに役立つ、設備・仕様をご紹介します。

転倒防止や歩きやすさに配慮しましょう

お年寄りは、足腰に力が入らなくなることで、わずかな段差にもつまづきやすくなります。転倒は、骨折などの原因にもなり、大変危険です。
お年寄りが安心して暮らすためには、階段や廊下に手すりをつけたり、床の段差をなくすことで、つまづきや転倒を防止します。
段差のない床はお年寄りだけでなく、小さい子どもにも安全。また車椅子が必要になった場合でも、移動が簡単です。

住まいの中で転落や転倒の危険をはらんでいる階段。手摺を設置したり、勾配に配慮することで安全性が高まります。

上下階への移動をラクにしましょう

敷地の都合上、階段の傾斜が急になることもあります。
また、3階建てなど、階段が多い住まいは、移動が大変です。とくにお年寄りにとって階段は、転落や転倒など危険をはらんだ場所です。
お年寄りが、安心、スムーズに上下階を移動するなら、ホームエレベーターが便利です。
内部に手摺が設置されていたり、車椅子での乗り降り、介助人との同乗も可能。
家の中での移動がぐっとラクになります。

地震時などは自動着床する安心設計。移動がラクになります。

安全を考慮しましょう

浴室は滑らない、転ばないなど安全にしっかりと考慮。
浴室の出入りがラクな床段差のない扉、自然な動きや状態で使いやすいように設計された手すりや、腰掛スペース、椅子対応のカウンターなどを設置することで、無理のない体勢で入浴ができます。介護を必要とされる人だけでなく、小さい子どもからお年寄りまで安心して入浴できます。

身体機能の変化に応じた生活環境を整える発想が活かされています。

室内温度もバリアフリー化しましょう。

温度変化によって血圧が急激に変化し、脈拍が速くなるヒートショック。
暖かい場所から寒い場所へ移動した場合などに起こりやすい現象です。高齢者や高血圧の場合、心筋梗塞や脳血管障害などにつながり、命取りにもなりかねません。
とくにヒートショックが起こりやすいのは、トイレ、浴室、洗面所だといわれています。
足元から空間を暖める床暖房を設置すれば、洗面や入浴時の脱衣所なども快適。
床暖房なら、住まい全体をじんわりと温めてくれます。保温力が高い、断熱、気密性に優れた住まいであれば、室内温度のバリアフリー化も可能です。

きっと、役立ちます!家づくりの参考資料プレゼント 商品カタログや事例集、間取りやインテリア‥などたくさんの資料から選べます。詳しく見る

週末は家族そろってこの商品の展示場を見に行きませんか? 全国の展示場を探す

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.