ライフスタイルの変化に合わせた家づくり 子育て期間の住まい

子どもの学習能力やコミュニケーション能力をアップする 住まいづくりのポイントとは・・・?

子どもの学習能力やコミュニケーション能力を伸ばすためには、家族が集まれる場所が必要です。
実際、子どものうちは、学習能力もコミュニケーション能力も、家族から学びます。
大事なことは、家族がきちんとコミュニケーションを取れる空間づくりを行うこと。
学習能力やコミュニケーション能力を高めてあげるためには、子どもの力を促してあげる親の役割も大きいのです。

リビングダイニングは、家族が集まりやすい場所ですが、親子の関係を深める場合には、子どもが出てきやすい環境を考えてあげる必要があります。
例えば、リビングに階段を設置し、家族の動線にしたり、ダイニングやキッチンなどの家事動線部分に、スタディコーナーなどを確保するのもおすすめです。
ダイニングのスタディコーナーなら、家事をしながら、お母さんが子どもの話を聞いたり、宿題をチェックしてあげることもできます。親子学習ができるだけでなく、親子のコミュニケーションも深まります。

また、日々成長する子どもたちに合わせて、住まいの空間を今一番適した状態に変えてあげることも子どもの成長を支える手助けになるはず。

家族みんなに心地良い住まいは、きっと学習能力やコミュニケーション能力だけでなく、子どもがもつさまざまな能力をも高めてくれるに違いありません。

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.