子育て期間の住まい 学習能力、コミュニケーション能力を高める空間づくり

隂山英男先生監修の子供が賢く育つ家。

セキスイハイムでは、百マス計算で有名な隂山英男先生とのコラボレーションによって子どもたちの学力向上ややる気、自立心を育む住まい環境を構築。子育て住宅の在り方をより具体的に形にした「かげやまモデル」として提供しています。子どもが賢く育つ家づくりのポイントをご紹介します。

隂山メソッド教育ノウハウ+セキスイハイム住性能=かげやまモデル

「かげやまモデル」の考え方

積極的な子育てを考えた家づくり。主役は、子どもですが、大事にしたいのは、親の笑顔を見て育つ、子どもの笑顔。
基本になるのは、毎日の生活です。朝起きて、食事をして、夜寝るまでの生活習慣。当たり前のことがきちんとできる子は、家族とのコミュニケーションはもちろん、友達や近隣の人たちと上手に接することができる社会性が養われます。
毎日の生活習慣は、子どもたちの生き方や性格まで変えてしまう可能性があるので、気をつけてあげたい部分です。

その時々の知識欲を逃さず、毎日の生活習慣を支える機知に富んだ工夫とはなんでしょうか?
隂山先生は、子どもの自然な「身のまわりづくり」と考えました。
自分で考え、自分の言葉で表現できるわが子を育てるのは、家。子どもの将来は家が左右するといっても過言ではないのです。


子育て期間の住まい、10の提案

質のよい睡眠時間を確保してあげる

睡眠時間が7~9時間の子どもは、それ以上、またはそれ以下の子どもより成績がよいという統計結果が出ています。時間だけでなく、部屋は暗くして寝る、騒音が耳に入らない環境を整えてあげることも大切です。質のよい睡眠が子どもの脳を豊かに育むのです。

リビング・ダイニングを積極的に利用する

低学年の間は、リビングで家庭学習を行うのがおすすめです。身近に助けてくれる家族がいることが、子どもを意欲的にします。子どもの質問にすべて答える必要はありません。「ここだけは」という部分だけを教え、あとは見守りましょう。そこから子どものつまづきが見えてきます。

図鑑や辞書、地球儀を身のまわりに置く

本を読んでいてわからない意味がなければすぐ辞書を引く、テレビでみた国の位置がわからなければ地球儀で調べる。辞書や地球儀などを身のまわりでふとした瞬間にわからないことは、すぐに調べる習慣がつきます。この積み重ねが学力の土台となっていくのです。

親子でクッキングを楽しもう

親子で料理をすれば、そこでは多くの会話が交わされます。おいしそうな香りとともに、心地良い時間が親子の間に流れます。材料の分量に敏感になり過ぎる必要はありません。失敗したことは笑い話として子どもの記憶にも残ります。

単位に触れさせる

「2km」とか「350g」と聞けば大人は大体想像ができますが、子どもにとってはなかなか難しいこと。日頃から、さまざまな単位に触れさせることで、子どもの数の感覚を豊かにします。車に乗っているときは距離を、料理のときには重さを。自分で計ることがひとつの発見につながります。

身のまわりをすっきりさせる

上手に学習する子は、何かに取り組むとき、すっと取り組み集中できるものです。それは、上手に学習する子は整理整頓が上手だから。自分の持ち物を上手に管理して、使うときのことを考えて収納するので、生活の演出が上手なのです。

大型テーブルを子どもは工夫して使う

学習机を買ってあげても子どもはリビングの大型テーブルが好き。宿題の資料も広げやすいし、広い机のほうが楽しく作業を進められます。

お手伝いをさせる

子どもがいつか自立したときに困らないように、子どもが小さいときから計画的に、手伝いや掃除をさせておきましょう。手伝いは、「手で伝える」と書きます。生きる術や生き方そのものを伝えるために、子どもの年齢にあったお手伝いをさせてみましょう。

玄関をきれいにする

玄関が明るくきれいな家は、いろんな人が出入りしやすいものです。そこで会話も弾みます。このような環境で育った子どもは、自然とコミュニケーション能力が高く、人から好かれる子に育ちやすいのです。

子ども部屋は子どもと一緒に成長する

子どもは成長します。その時々で部屋は子どもをサポートしていきます。だから部屋も子どもに合わせて成長してほしい。子どもの成長に合わせて成長できる部屋。それが子どもたちを立派な大人にしてくれるのです。

「隂山メソッド・モデルプラン」では、こんな工夫をしました。

子どもにやさしい身のまわりづくり。
家は大きな影響力を持っています。
実際の家づくりでは、「家で学ぶ」という身のまわりづくりとして、「どこでも学習できる場所づくり」「生活習慣を支えるしかけ」「家族のコミュニケーションの演出」の3つのポイントを大切にしています。

どこでも学習できる場所づくり、生活習慣を支えるしかけ、家族コミュニケーションの演出

広くてきれいな玄関
玄関を常に広くきれいにしておけるように収納を充実させました。
正面にはもてなしの心・季節感を養えるよう飾り棚も用意しました。
どこでも本棚
各種の辞書や本を置けるスペースを用意しました。
図鑑・辞書・地球儀などを置けるTVボード
TVを見ながら、わからないことや知らないことがあったらすぐにその場で調べられるしかけ。子どもの知的好奇心を育みます。
キッズクローク
子どもが自分で自分の物を片付けられる収納ラックを用意しました。
大きめのダイニングテーブル
子どもが友達と一緒に勉強したり、お母さんが家事をしたり、家族が多目的に使えるように大きめのダイニングテーブルを設置しました。
朝日の入るダイニング
早寝・早起き・朝ごはん。生活リズムを整えるには一日の始まりが大切。吹き抜け越しに差し込む朝日が家族の生体リズムを整え、規則正しい生活を支えます。
大きなカウンターデスクと本棚
大きなカウンター型のデスクでダイニングでの学習をしやすくしました。PCもここに配置すれば親が一括管理することができます。
キッチンからの油煙よけを兼ねた本棚には子どもの勉強道具も置けて便利です。
家族の会話が自然にはずむ
ファミリーライブラリー
家族の気配を感じながら、子どもは安心して読書にふけることができます。
トイレの脇にも本棚
本を読みながらゆっくり用を足すことで健康促進も図れます。
子どもと一緒に成長する子ども部屋
子どもが小さいうちは大空間でこもりにくく、そして成長に応じて部屋の与え方を変えていけるように可変性の高い子ども部屋にしました。
子ども部屋は自分で工夫して使う

きっと、役立ちます!家づくりの参考資料プレゼント 商品カタログや事例集、間取りやインテリア‥などたくさんの資料から選べます。詳しく見る

週末は家族そろってこの商品の展示場を見に行きませんか? 全国の展示場を探す

このページの先頭へ

Catalog & Exhibitionもっと詳しくハイムの商品を
知りたい方へ


コンテンツ一覧

セキスイハイムは、地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです。

中古住宅

分譲地

注文住宅

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

住み替え

高齢者住宅

セキスイハイム 中古住宅 分譲地 注文住宅 賃貸住宅 お手入れ リフォーム 住み替え 高齢者住宅

Copyright © 2017 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD.