• 趣味を楽しむ
  • インテリアにこだわる

青く美しい瀬戸内海を一望する
白が基調の癒しの住まい

香川県・I様
家族構成:4人(お母様・ご夫婦・子ども1人)

PLAN

「海が好きな母に、海の近くの新しい家に住ませてあげたい」という想いがきっかけになり、土地探しから始めた家づくり。希望のオーシャンビューの土地に出会い、家づくりが具体化しました。奥様はインテリア性を、ご主人は海のそばの立地ということもあり、耐候性や耐震性などの機能性を重視。さまざまな住宅メーカーを検討する中、その両方を満たしていると納得したのがセキスイハイムでした。
もっともこだわったのは、やはり海を一望できる大きな窓のあるLDK。大窓に面したバルコニーの手すりにガラスを選ぶなど、海を美しく眺められるよう徹底しました。家全体のテーマは、ホテルのような非日常。奥様が一つ一つ丁寧に選んだ新居のインテリアは、まるでエレガントなリゾートホテルのよう。毎日、刻々と変わる海の表情を眺めながら、海が大好きなお母様と豊かな時間を満喫されています。

真っ白に彩られた玄関。アーチ状のデザインがスタイリッシュな印象をプラス。床にはタイルを使うなど、白をテーマにほとんど他の色を使わず壁、扉も素材を変え、微妙な凹凸を出すことで、立体感を生み出します。奥様のコーディネートです。

続きを読む

黒とグレーを基調に落ち着いた空間に設えた2階のトイレ。間接照明が印象的で、上質感を演出。屋内全体は白が基調ですが、トイレや寝室などはダークトーンで統一し、空間にメリハリをもたせました。それが住まい全体をひきしめ、I様邸の魅力になっています。

続きを読む

生活感を出さないよう、キッチンまわりの小物や電化製品もすべて収納。キッチンやダイニングチェアに黒を使用するなど、奥様が空間のバランスを考えながら選んだもの。偶然みつけたというマントルピースはご主人のお気に入り。ご夫婦の希望通りの空間になりました。

続きを読む

奥様が絶対に欲しかったというパウダールーム。天井まである大きな窓に引いた白いカーテンは、海沿いの強い日差しを、柔らかな光へと変化させて室内へ届けます。広々としたクローゼットと隣接しており、奥様のお気に入りの空間になりました。

続きを読む

インテリアのヒントにと、奥様はショールームをいくつも見学されたそう。その中でいいなと思ったものをお手本にした洗面所。ボウルのフォルムや、鏡の後ろから光をあてる間接照明にもこだわりました。ブラウンの壁は、全面タイル。奥様のセンスが光ります。

続きを読む

奥様がずっと憧れていたアイアンの手すりをスケッチしたものを、特別にオーダーしました。アイアンが描く流線形が端正な印象の階段をのぼると、絶好のオーシャンビューのリビングが現れます。こうした演出もお客様へのおもてなしに。

続きを読む

旧居は1階にリビング、2階に主寝室がありました。しかし、日当たりという点では2階の方が明るく、また眺望もよいので、新居は入れ替えて2階にリビングをとりました。おかげで明るく開放的なリビングで、充実した時間を過ごされています。

続きを読む
商品 パルフェ
延床面積 1F 129.11㎡ 2F 104.50㎡ 計 233.61㎡

写真をシェアする