ホーム > かげやまモデル間取り例 > 「二世帯住宅」間取り例

「二世帯住宅」間取り例

かげやま先生のメソッドポイント

親世帯エリアでも子世帯エリアでも、勉強するようにしてみましょう。
子どもは一番集中できる場所を見つけて勉強します。だから独立型プランでも、1階、2階を自由に行き来させてあげてください。また、しっかり見守れるように子ども部屋へは、2階キッチンを必ず通る設計にしています。

1F 独立と協力で子供を支える三世代の家

バスコミの湯

お湯につかって、ゆったりお話やお勉強。お掃除しやすいから、お手伝いも得意に。

玄関ドレッサー

外出用の衣類や帽子を収納。玄関で着替えれば、花粉やホコリを持ち込みません。

どこでも本棚

子どもが自然と本に興味を持つように、家の色々な場所に本棚を設置しました。

Point

世代共有の書庫

リビングにも、子ども部屋にも、トイレにも…。いたるところに本棚を設置することが、本を好きにさせる近道。身の回りに本があると、自然と子どもは興味を持ちます。実際、読書嫌いの東大生は見た事がないとまで言われています。

知恵の場

子世帯が留守の時は、孫とおじいちゃんが一緒にお勉強。古くから伝わる大切な知恵も教えてください。

Point

カウンターデスク

カウンターデスクを1階にも2階にも用意すれば、子どもは「いつでも」「どこでも」学べます。

2階デスクは、両親と一緒に毎日の学習をするために。1階デスクは、祖父母と勉強ができるように。特に1階は、昔の遊びや日本の伝統など幅広い知識も伝える場として「知恵の場」と名付けました。

家族の伝言板

世代をつなぐ伝言ツールが家族をひとつにします。

Point

メッセージボード

生活リズムが違う3世代は、マメなコミュニケーションが不可欠。共有スペースにはコルクボード置いて、伝言や家族の予定、学校行事、町内活動などを貼っておきましょう。

ゴロンの場

情緒を味わいながらリラックスできる本格的な和室。祖父母と孫が打ち解けて話せます。

Point

和室

親世帯エリアの和室は、孫とゆっくり語り合ったり、一緒にお昼寝をする憩いの空間。子どももストレスを持っています。リラックスできるお部屋は、心身の元気を支える貴重なものです。両親にはいえない相談など、ゆっくりと聞いてあげてください。

テレビボードの地球儀・事典

テレビに知らない言葉が出ても、すぐに調べられる仕組み。好奇心や興味を大きく育てます。

ひなたぼっこの場

ひなたぼっこをしながら草花を孫に教えたり、お月見や花火にも最適。

2F お手伝いも勉強も、楽しくなる住まいの工夫

子どもと一緒に成長する子ども部屋

成長に合わせて間取りが変えられる子供部屋。幼少期は大空間でこもりにくく。中高生からは個室へ。雑音が入らないなど、質の良い睡眠を保つ工夫が脳を育みます。

トイレの本棚

トイレにも本棚。読書しながらゆっくり用を足す習慣は、健康づくりにも役立ちます。

キッズクローク

片付けの習慣は学力を上げるポイント。子どもも片付けしやすい収納ラックで賢い子に。

お手伝いしやすいキッチン

オープンなキッチンは、みんなでお料理のお手伝い。リビングの家族と
話しながら、楽しく食事の準備!

大きなカウンターデスク

普段の勉強は2階のカウンターデスク。お母さんに見守られているから、
安心して学習できます。

資料請求はこちら 隂山先生監修ブックレット「子どもが賢く育つ家づくりの教科書」プレゼント中!

page top