ホーム > モデルハウス体験イベント > Kakoさん(奈良県):ダイニングの学習机

Kakoさん(奈良県)のコメント

ダイニングの学習机

キッチンに立つ母親から、勉強している子どもの背中が見えていること。この家は、ダイニングに子どもの学習机があります。ダイニングテーブルで勉強するのではないのです。

私はいくらモニターに選ばれても、疑問に思ったことなどは正直に書こうと思っていますが、私の子育ての経験からも、この間取りは本当によく考えられていると思います。
子どもが学校から帰ってきてからの動線を、オレンジで書いてみました。

「ただいま~」と玄関を開けたら、リビングを通り抜けてお母さんのいるダイニングへ。
畳ルームのクローゼットにランドセルを入れ、着替えてダイニングへ。
手を洗ったら「体育の時間にね・・」と今日の学校での出来事を話しながらおやつを食べて、それから宿題タイムです。くるりと後ろを向いたらそこは学習机。お母さんはキッチンで夕食の準備。「お母さん、この引き算、教えて。」低学年の間は宿題も見てやらないと。

子どもと母親の動きに全く無駄がありません。2階に着替えに上がったり、教科書やノートを取りに行ったりしなくても、すべてがダイニングで完結するようになっています。

ダイニングの向こうの畳ルームは、4帖ほどの小さい部屋ですが、壁一面の大きな収納があって、ここに子どものおもちゃや着替えなどを入れるようにすれば、リビングやダイニングが散らかりませんね。畳ルームがチャイルドルームです。

それにこんな風にスライドスクリーンを閉めてしまえば、少々散らかっていても平気ですし、しかもリビングとはちょうど死角になっていて、普通なら畳ルームは見えません。逆に言うと、ダイニングからテレビが見えません。
これも子どもには大事なけじめだと思います。

小さい子どもがいたら散らかるのはある意味当たり前で、子どもはそうやって遊びながらいっぱい学んでいます。
だから散らかしてもいい部屋があって、そこは来客の視線からはずれているような間取り、それでいて母親の視界にはいつも子どもがいるような間取り。この家はその条件を満たしていると思いました。
母親の精神衛生上も、「片付けなさい!」をあまり言わなくていいのはうれしいです。
細かい工夫については明日に書きますね。

資料請求はこちら 隂山先生監修ブックレット「子どもが育つ家づくり」プレゼント中!

Kakoさん(奈良県)のその他のコメント

Kakoさん(奈良県)

その他の方のコメント

リキママさん(愛知県)

インデックスに戻る

page top